「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー

<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ブラザーズ・グリム

2005年/アメリカ・チェコ 監督/テリー・ギリアム
c0076382_11104152.jpg

グリム兄弟は、イカサマ魔女祓いで金儲けをしていて、それがフランス軍の将軍に見つかり、本物の魔女退治をするはめに…というこのお話。目の付け所はすごく面白い。ただね、最初の30分ほどがね、何がどういう展開になっているのかストーリーがつかみにくい。まずグリム兄弟は童話を書く人だ、という先入観が邪魔をして、なかなか本筋を把握できない。あちこちにちりばめられているグリム童話の話もそれぞれの童話を独立した形で知っている我々にとっては、ストーリーそのものに混乱をきたすだけ。ドイツの村をフランス軍が占領しているというあたりの歴史的背景もなかなかピンと来ないし。

やっぱり、物語に入る込めるのは、モニカ・ベルッチの登場シーンからかな。(私が好きな女優ってことでもあるけど)美しい女王様が登場すると、ようやく童話的世界がはじまり、はじまり~って感じになるんだよね。だからもっと早くモニカ・ベルッチを出して欲しかったな。もう、見ているだけでうっとりするもの。女王にふさわしい美しさの持ち主はこの人しかいないです。

「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」のテリー・ギリアムってことで、もう少しエグいのが来るかな~と思ったんだけど、だいぶ構えて見たのでショック度は低かった。もう少し素で見ればもっとギョッと思ったに違いないんだけど。まあ、あの虫は気持ち悪かった。虫を総動員しての撮影って、現場はどうやってるんだろうなあ。みんなが一斉に動き出すでしょ。撮影終わった後、そのあっちこっち行った虫はどう回収しているのだろうか。あと、ウサギをさばくシーンね。あれは、本物を吊して皮を剥いでいるのかな。こういうリアルさって、ドキッとするよね。

それにしてもね、ギョッとするために映画を見ている人は少ないはずで、ストーリー自体の面白さは、テリー・ギリアム年取って毒気がなくなったのかな、という物足りなさ。せっかくの豪華出演陣なのに、もったいない。モニカ・ベルッチの女王様と言えば「ミッション・クレオパトラ」があるのだけれど、こちらの方がバカバカしさ全開で、面白かったなあ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-31 11:17 | 映画(は行)
2004年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド
c0076382_21321929.jpg

クリント・イーストウッドという監督は題材選びがうまいなあ、と本当に思う。目の付け所がいい、というのかな。しかも、問題定義の仕方がひと筋縄じゃない。その問題点を煮詰めて煮詰めて、周りに付着しているいろんなものをそぎ落としながら、「芯」だけにして「どう思う?」と目の前に突きつけるような感じだ。公開が迫った「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」ではついに戦争を描くが、いったいどんな研ぎ澄まし方をしたのか、今から興味深い。

これは貧しい女性ボクサーマギー(ヒラリー・スワンク)と老トレーナーフランキー(クリント・イーストウッド)の信頼の物語でありながら、その軸にまとわりつくのは白人の貧困層問題、移民問題、尊厳死問題と実にヘビィな題材ばかり。しかし最終的に私が感じたのは、このヘビィさを補って余りある2人の愛の物語だ。ギリギリのところで生きようとするふたりだからこそ感じられる魂の結びつき、とでも言うのかな。

ボクシングという死と隣り合わせのスポーツを通して2人の魂は堅く結び合う。だから、マギーは本当に死を目の前にした時に迷うことなくフランキーに自分の命を委ねることができた。もちろん、マギーはフランキーに亡くなった父を見いだし、フランキーはマギーに自分の娘を重ねているのだと思う。だけれども、「父と娘」という関係ではしっくり来ない。やはり、これは一人の若い女性と年老いた男の愛の物語だと感じた。

誰もがこの映画を見て感じることは、マギーが成功を収めてからそこへ「尊厳死」という全くとんでもない方向へ物語が進むことへのとまどいだろう。私も正直、この展開には随分驚いた。貧しいながらも努力し、血の滲むような練習を続けようやくつかんだ栄光の座。それが一転マギーは四肢麻痺になってしまう。

どう見ても救いようのない展開ではあるが、尊厳死を選択するマギーとフランキーに私は崇高なものを感じた。もちろん、そこに至るまでの苦悩が生半可なものではないのは承知だが、マギーが死を懇願しそれを受け入れるフランキーの2人からは非常に宗教的で厳かな佇まいを感じる。しかし、この2人は敬虔なカトリック信者。道義的に考えれば尊厳死など許されるはずはない。この相反する事柄が示す矛盾は、日本人よりも欧米人の方に訴えかけるものは大きいのだろう。宗教に関して多くを語ることのできない日本人にとっては、様々な事を汲み取るのが非常に難しい映画だ。しかしそれでも、魂を込めて生きようとした2人の姿は多くのことを我々に訴えかけるだけの力を持っている。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-29 21:45 | 映画(ま行)

ミスティック・リバー

2003年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド

c0076382_23102889.jpg

見終わってつらい気持ちになっても、そこから感じ取れることがたくさんある映画。アメリカ社会が抱える幼児性愛者の問題。「目には目を」の考え方が持つ危険性。郊外住宅地における閉塞感。確かにラストは悲劇的だ。だが、ここまで悲劇的だからこそ、我々は様々な教訓を得なければならないと思わせてくれる。

ただ、描き方があまりにも救いがないためか、最終的に暗い気持ちしか残らない、という感想が多く見受けられる。しかしそれは考えようによっては、それだけイーストウッドの極めて醒めた目で描ききった演出力のレベルが高かったからこそではないだろうか。

ちょっとしたボタンのかけ違いで悲劇が悲劇を生む、という作風に関しては「砂と霧の家」でも述べた。今作では、デイブはもちろん、「あの時車に乗せられたのが、デイブじゃなかったら」という思いは、ジミーにもショーンにもくすぶり続けている。何気ない行動や判断がとんでもない悲劇を呼び込む。何と人生とは不条理なものか。しかし、神でもない我々はいかなる不条理をも受け入れ生き抜くしかない。しかし、デイブは友人であるジミーによって殺されてしまう。しかも、大きな誤解をもって。デイブの死は現代社会が抱えている問題の象徴だ。

ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン。3人の俳優の演技力は、もう非の打ち所がない。ショーン・ペン演じるジミーは、短絡的で暴力的で本当に嫌な奴なんだけれども、彼が演じるとただの悪党にならないのが本当に不思議。ケビン・ベーコンはここのところ悪役が(しかも本物のワル)多いんだけども、悪の匂いを残した人間くさい警官を見事に演じてた。ティム・ロビンスは、最近こういう暗い役が多いなあ。あの挙動不審なところなんて、やっぱりアンタなの?と私も疑ってしまったもんね。トラウマを抱えたまま成長した男のもの悲しさが滲み出てました。

映画のラストは、原作よりもさらにぼかした終わり方になっている。それはこの問題をしっかり受け止め、考えて欲しいというイーストウッドの気持ちがそうさせたのではないだろうか。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-29 00:50 | 映画(ま行)
<京都MOVIXにて>
2006年/アメリカ 監督/ブライアン・シンガー

夏休みの最後を飾るにふさわしい!
c0076382_1056152.jpg

オープニングの宇宙の旅を描いたシークエンスがすばらしい。スーパーマンのテーマソングが流れ、おそらく彼がクリプトン星まで行ってその消滅を確認し、再び地球に帰ってくるまでの目線で描かれる壮大な宇宙の景色。そこには果てしない銀河と美しい惑星が広がる。まるで、自分がスーパーマンとなって、空を飛んでいるかのような浮遊感を持って描かれている。テーマ曲の荘厳さと相まって、始まって5分でいきなりううるうる来てしまった。正直CG処理嫌いだけど、このシーンは本当に美しい。

そして、スーパーマンを演じるブランドン・ラウス。このコスチュームを着こなしていることだけでも、賞賛に値する。今どきこのマントと赤パンツそして胸にSの全身タイツが似合う男はコイツしかいない!とも思わせる着こなしぶり。しかも、カッコイイとはどういうことですか。空を飛ぶにはやっぱりマントがなきゃね。はためき具合といい、質感といい、すごくイイ感じ。マントのしわがね、うまく作ってあるなあ、とミョーに感心。実際の素材は一体何なんだろう。

さて。地球に帰ってきていきなり墜落寸前の飛行機を救出。宇宙まで飛んでいった飛行機が垂直に落下するのを「下から受け止める」ってアンタのパワーはどうなってんですか!って感じだけど、まあまあとにもかくにも、スーパースーパーな活躍ぶりは、ちょっと笑っちゃうほどで。何があってもスーパーマンが来てくれるのだ~という安心感は、ハラハラドキドキとは無縁な分、その超人ぶりをとことん楽しもうじゃないの。

レックス・ルーサーが大悪党ではなく小悪党なのが、いただけない。ここまで超人的パワー使わなくてもこんなこわっぱすぐにひねり倒せるぜ。刑務所で知り合った男どもを仲間にするってのも、なんかチープだよ~。スーパーマンに相対する人物として、もう少し徹底的な悪党にして欲しかったなあ。

スーパーマン、ロイス、リチャードを三角関係にしたのは、とっても現代的。ロイス、このままいったら不倫じゃん!リチャード、つらいのお。命を賭けてあんなに頑張ったのにー。と、いうわけで、おそらく次回はこの三角関係が一体どうなるのか、興味津々。まさかリチャードが死んでたりして(笑)。そして、もうひとりの「彼」はどうなるのか。(ネタばれになるので書きません~)

見終わって、スーパーマンの超人ぶりに家族でひときわ話が盛り上がりました。夫が言うのに「浮遊している状態で下方向に落下する巨大な物体を持ち上げてしまうのは、物理的にどうなんだ」という疑問が。確かに上向きの推進力は、どこから生じているのだろう?そこで「空想科学読本」を愛読している息子がすかさず「スーパーマンはほとんどが腕力に頼ってるらしいで」と答える。ふうん。男たちは勝手に言っててちょうだい。私はロイスみたいに空中遊泳に連れて行って欲しいわ~。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-27 12:47 | 映画(さ行)

みんなのいえ

2001年/日本 監督/三谷幸喜

部屋を飛び出したら、予想通りつまらなくなった
c0076382_1524141.jpg

あれほどの名作を次々と送り出している三谷幸喜がなぜ?という哀しみの後、「いや、これはわざとこうしたんだ、そうとしか思えない」という思いにかられ、なぜこの作品を撮ったのか無理矢理理由を考えてみる、という不毛なことをしてみる。もちろん、個人的な勝手な想像で三谷幸喜が聞いたら怒るかもしれんが。まあ、見ることも聞くこともなかろう。

「シチュエーションコメディでしか、面白いものが作れない」という枠から一度出てみたかったんじゃないだろうか。そうとしか思えない。今作品は、家を建てたい若夫婦の奔走、ということで、文字通り部屋を飛び出し、様々な場所でのロケーションが多く使われている。映画的に言うと「長回しの撮影」が多く見られるらしいのだが、当たり前のことだが、長回しすれば映画的になるわけではない。私はこの作品で三谷幸喜の良さがことごとく削がれているような気がしてならない。内輪ノリの面白さを、今作では敢えて使わないようにした。「家を建てる」という一大ドラマをめぐる人々の悲喜こもごもをペーソスあふれる作品に仕立て上げたかった。しかし、そこに残ったのはありきたりな、そうあまりにもありきたりで、泣けもしない笑えもしない家族愛だ。

三谷幸喜が描く人物に多く共通しているのは「ゆるい感」である。なんかやる気のない人たち。そして、逆に人よりもやる気満々な人、つまり「勘違い野郎」がそこへ混じって騒動を起こす。今作品ではゆるいのが若夫婦八木亜希子と田中直樹だろうか。いや、田中直樹はいいとしても、八木亜希子の役割が何だったのか、今いちはっきりしない。この居心地の悪さは結局最後まで尾を引く。設計を頼んだ唐沢寿明と大工の棟梁である父の田中邦衛との板挟みになる彼女だが、本来はこの点において、あっちの味方だったり、こっちの味方だったりして、右往左往することできっと面白い小ネタがいっぱい出たはずだが、ついに不発。もう、これは敢えて「小ネタ」は封印したんだな、と思うしかない。

それから、私が大いに不満なのは、「デザイナーと大工棟梁のいがみ合い」という構図があまりにも陳腐な点だ。今作品は三谷幸喜自身が家を建てた時の体験に基づいているらしいが、本当だろうかと疑いたくなる。「新しきもの」と「旧きもの」が対立し、双方「いいものを作りたい職人気質」をもって和解と、す。んな、アホな。デザイナーも棟梁も一般的に「誤解されているキャラクター」をそのまま踏襲しているのも納得できない。世の中そんなにワガママ通している設計士ばかりではないし、棟梁はいつだって頑固なわけじゃない。この映画を見て「家を建てるってこういうことなんだ」とは、絶対思って欲しくない。夫が住宅の建築士なので、よけいにそう思う。この映画を見終わった夫はがっくり肩を落としていたもの。

というわけで、この作品は三谷幸喜作品だと思わずに見れば、そこそこに楽しめるのかも知れない。ただ、デザイナーと義父である棟梁があまりに仲良くなるのを夫である田中直樹が嫉妬する、というシーンがある。こういうエピソードは実に三谷幸喜的なのだが、これまた実に消化不良な処理のされ方のまま、放ったらかしなのだ。ううん、解せん。とにかくこの映画は解せぬ事づくめなのだ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-25 16:13 | 映画(ま行)

ラヂオの時間

1997年/日本 監督/三谷幸喜

「ツボというツボは全部押すテクニシャンのマッサージ師映画」
c0076382_16162943.jpg

名脚本家が満を持しての監督作品、しかも唐沢寿明、鈴木京香などの豪華俳優出演と聞いた時、正直私は「大丈夫か」と思ったものだ。しかし、その心配は杞憂に終わった。豪華出演陣がノリノリで大いに笑わせてもらった。まあ、そういう不安から入ったのが、良かったのかも知れない。

やはり、三谷幸喜はシチュエーション・コメディでこそ、その才能を存分に発揮する。私が最も好きなドラマは「王様のレストラン」。閉じられた空間で繰り広げられる内輪の小ネタ集。「小ネタ」と言う言葉は、何だか非常に軽いもののように感じられるが、小ネタで笑わせるというのは実は非常に難しいんだと思う。次から次へと小ネタを出すために、たくさんの伏線を張る。もちろん、それらの伏線は整然としており、かつ一つの結論へと収束されねばならない。

登場人物が多く、場面もほとんど変わらないため「12人の優しい日本人」と比べてしまう。やはり、監督が三谷幸喜なので、ドタバタした感じは否めない。ただ、このドタバタはギリギリボーダーラインをうまくキープできていると思う。例えばラジオ収録シーンの井上順のセリフ回しなんか、オーバーアクトでないと出せない笑いだし。そもそも、パチンコ屋で働く主婦の物語が、一人の主演女優のワガママによって、なぜかアメリカの弁護士の話になってしまうという展開そのものがハチャメチャだもんね。

「内輪ネタ」で笑えるというのは、観客がいかにその「内輪の世界」に入り込めるかというのが大きなポイント。見た目はゆるゆるでも、内輪の世界観はしっかり一人ひとりの役者が共有していないとできないことだと思う。そういう点でもこの作品は各俳優陣がラジオ局のスタッフを自然にこなしていた。こんな人いそう、というゆるい感をみんなが演じられていた。それは、何か演出の妙ということではなく、「三谷幸喜の世界」をそれぞれの役者がわかっているから、なんだと思う。

数ある出演陣の中で私が好きなのは、布施明。あの軽薄な感じがまずおかしい。そして忘年会の景品で当たった、という電子ピアノ(なにゆえ電子ピアノ?)を担いで収録現場に現れる→次のシーンで何気に机の上でそれを弾いている。ここで私は声を出して笑ってしまったよ。でもね、人によってはそれのどこが可笑しいの?と思うかも知れない。これこそが「小ネタ笑い」の深みである。小ネタ笑いのツボはビミョーなポイントのため、人それぞれビミョーに違う。それをまるでゴッドハンドを持つマッサージ師のように「ここか?ここがポイントか?」とツボ押しが続く。あまりに次々とツボ押しの矢が放たれるため、「そこが効く~」と叫ぶ客の笑い声がそこかしこで起きるのだ。

エンドロールが流れ、最後のシメとも呼ぶべきツボ押しが。「千本ノッコの歌」だ。しかも朗々と歌い上げるのは、布施明。やられた。未だに何度聞いても吹き出してしまう。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-24 16:15 | 映画(ら行)

12人の優しい日本人

1991年/日本 監督/中原俊

「日本のコメディもやるじゃん、と初めて思った」
c0076382_2141566.jpg

名作シドニー・ルメットの「12人の怒れる男」をベースに、もしも日本に陪審員制度が導入されたらを描くコメディ。この当時は鼻で笑っていたけれども、あれから15年。なんと日本にも陪審員制度が導入されることが決定。もしかしたらこの映画のようなことが、実際に起きるかも知れない、と思うと安易に笑ってもいられないのだが、まあそれはさておき、これは実に面白い映画です。

これを観て日本のコメディも悪くないな、と思い、脚本家の名前を頭に入れて、以来ドラマの三谷幸喜作品は欠かさず見るようになった。演劇好きの人であれば、まず東京サンシャインボーイズから入るのだろうが、演劇が苦手な私はこの「12人の優しい日本人」を経由して三谷ファンになったのだ。

登場人物が12人と多いのだが、観客はすぐにそれぞれのキャラクターを把握できる。それが、審議を始める前に喫茶店に飲み物を注文するくだりだ。何でもいいという人、誰かの注文に合わせる人、メニューにない物を無理に頼もうとする人、ぎりぎりになって注文を変える人…。この短いシーンで12人の個性が顕わになるのだ。私は冒頭のこのシーンで三谷幸喜のセンスにすっかりやられた。しかも喫茶店の注文一つまとめられない状況が、今後の審議の進まぬ状況を予感させるのだ。

シーンは、裁判所の一室の中。最初から最後までセリフの洪水。まさに脚本力がないと、116分ももたない。それにしても、各出演者のかけあいの間が絶妙。セリフがまるで「合いの手」のように次から次へとぽんぽん投げ出される。聞いてて、心地よいリズム感がある。「責任を取りたがらない」「人の意見にすぐ左右される」といった、日本人気質を逆手に取った自虐的なセリフが次から次へと飛び出し、大爆笑。

また三谷幸喜は12人それぞれに非常に深いキャラクター性を与えている。12人の人と成りを作り込んで、それぞれが突っ込みの矢を放ち合いながら、議論をあっちへこっちへと振り回す。裁判所の部屋の中、というシチュエーションが全く変わらない状況で、これだけスリリングな展開が作れるなんて、本当にすばらしい。一体、どんな結論になるのか、ハラハラドキドキだ。

さて、この映画。監督は、三谷幸喜ではなく、中原俊である。私は、中原監督の誇張しすぎない静かで丁寧な作り方が、この映画を実に品の良い作品にしたと思う。ドタバタコメディにしようと思えばできる素材である。それを、比較的ゆったりとしたトーンで描いているのが、非常に良かった。判決が決まり、ひとりずつ部屋から出て行くラストシーン。初めての部屋以外の場面になること、ドアを開けて去ることが、12人の開放感を表している。一人ずつ去ってゆくことで観客も映画の余韻をしみじみ味わうことができる。

最後に。この映画を見て弁護士を演じる(実は俳優だったのだが)、ひと際存在感を示す若い役者に私は一目惚れ。エンドロールが流れる中、その俳優の名前を頭にたたき込んだ。豊川悦司。以降、私は彼の大ファンになったのだ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-22 21:57 | 映画(さ行)

ハンニバル

2000年/アメリカ 監督/リドリー・スコット 

ハンニバル・レクターの独壇場
c0076382_2014099.jpg

前作「羊たちの沈黙」があまりに良かったので、この作品はなかなか見れなかった。なぜなら、FBI捜査官クラリス・スターリング役をジョディ・フォスターではなく、ジュリアン・ムーアが演じていたからだ。

物語は、前作でハンニバル・レクターことレクター博士が逃亡して数年経ったところから始まる、文字通りの続編。レクター博士はフィレンツェの権威ある古い教会で司書としての職を得ようとしていた。なるほど、イタリアねえ。拷問や処刑といった中世イタリアの歴史が、レクター博士の口から次から次へと語られると怖いの何の。そういうアンタは次に何をやらかすんだい?とゾクゾクする。レクター博士には莫大な懸賞金が懸けられていて、彼の存在に気づいたイタリア人刑事が金目当てにチクるんだけど、それは観客の期待通り、レクター博士の餌食になってしまうんですよね。ああ、バカな奴。

それにしても、こんなに猟奇的で悪魔の化身のようなレクターという男を、ある種高貴なまでの存在に仕立て上げてしまうアンソニー・ホプキンスはさすが。「羊たちの沈黙」では、天才的なサイコキラーだったレクター博士が、今作では優雅さと気品を身に付けてしまった。宮殿にたたずむレクターはまるで神の啓示を受けた大司教のようだ。

一方、再びレクター捜査に関わることになったクラリス。いや、FBIという組織からその正義感ゆえにつまはじきにされ、強制的にレクター探しを命じられるわけだが、その孤独感をジュリアン・ムーアはうまく演じている。が、それでもこれがジョディだったらなあ、という思いは否めない。FBI捜査官という立場のクラリスは前作「羊たちの沈黙」で猟奇殺人犯であるレクター博士に癒されるわけである。以来、クラリスはレクターを殺人犯だとわかっていながら、心の奥底では自分のただ1人の理解者であるという思いを抱き続けており、そこから湧き出る苦悩と戦っている。その複雑な思いに苦しむ姿は、やっぱりジョディの方が似合っている。苦しさを強固な意志の力で乗り切る、普通にしててもそういう顔なんだもん、ジョディ・フォスターって。

それから、映画は原作とはかなり内容が違うらしい。実は「ハンニバル」は未読なのだが、どうやらクラリスはレクター博士と共におぞましい物を食するほど、親密な関係になるようなのだ。この改変が映画として成功だったのかどうかは、判断が付きかねる。前作でレクター博士の精神世界に強烈に惹かれていたクラリスが、次回作でそのような関係に陥ることは推測できる。しかし、それを映像化するには、反発の方が大きかったのでないだろうか。この件に関しては、原作を読んでからまた書いてみたい。

さて、イタリア人刑事が殺される中盤から、物語は一気に加速し、世にも恐ろしい晩餐会へと突入していく。これはね、ほんとに恐ろしいです。覚悟して観ないと寝られません。ホントに怖い。ひとりでは見ない方がいい。あまりの恐ろしさに固まったまま、見つめるエンドロール。そこで私はようやく気づいた。レクターの餌食となり見るもおぞましい姿になり、彼に莫大な懸賞金をかけていたこの物語のもう1人のキーパーソン、ヴァージャーを演じていたのは、私の大好きなゲイリー・オールドマンだったよ!よくこんな役引き受けたなあ。びっくり。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-21 20:15 | 映画(は行)

羊たちの沈黙

1990年/アメリカ 監督/ジョナサン・デミ

「サイコスリラーの潮流を作り出した原点であり名作」
c0076382_1422266.jpg

サイコものの歴史は「羊たちの沈黙以前、以後」と分類されるほどの記念碑的作品だと思う。例えば、少し視野を広げてオカルトやホラーというジャンルにすると「エクソシスト」とか「オーメン」などの名作あるわけだが、私はこれらの作品を観ていない。それは、ひとえに怖い映画が苦手だからだ。首が回るのも嫌だし、たくさん血が出るのも嫌だ。(最近かなりホラーが見れるようになってきたので、これらの古典物は一度じっくり見直そうとは思っている)

で、戻って「羊たちの沈黙」だが、この作品はこれらのホラーやオカルトといったジャンルが苦手であった私のような人間に対して「怖い映画って面白いんだ」という目を開かせてくれた。私が今「リング」や「CUBE」や「SAW」が見れるのは「羊たちの沈黙」が面白かったからに他ならない。そして、「猟奇殺人物」というアンダーグラウンドな世界が一気にメジャーなエンターテイメントとして確立されたのも今作品が興行的にも大成功を収めたからだろう。

おどろおどろしい殺人劇が中心でありながら、アカデミックな雰囲気が全編に漂う。このあたりのニュアンスが多くの人々を引きつけたのは間違いなく、それはひとえにFBI捜査官クラリスを演じるジョディ・フォスターとハンニバル・レクターを演じるアンソニー・ホプキンスの演技力の賜物である。殺人がおぞましければおぞましいほど、2人の冷静で落ち着いた演技がいっそう際だつ。また、「犯人は誰なのか」というスリラー物の主軸よりも、犯人逮捕の協力を要請するクラリスとそれを受けるレクター博士、2人の心理劇をしっかりと描ききっているのがいっそうこの映画をすばらしくした。

クラリスとレクター博士との駆け引きは、原作でも非常に重要な部分を占めているのは間違いない。だが、それを映像化すると考えた時に、物語を引っ張る猟奇殺人事件とのバランスをどう取るかというのは、一つの大きなポイントだったろうと思う。場面は常に拘置所の中。2人には大きなアクションもなく、セリフのみの心理戦が繰り広げられる。だが、この心理戦の場面が非常にスリリングで面白いのだ。ふたりの立場は、殺人犯と警官でありながら、時に父と娘、または医師と患者、または恋人といった関係性をさらけ出す。この複雑な心理状況をジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスは見事に演じている。

原作も何度も読んだし、映画は何回見たかな。たぶん10回以上は見ていると思う。私の中でこの作品は、俗に言う「エデンの東」とか「七人の侍」のような名作の域に入っている。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-20 14:27 | 映画(は行)

博士の愛した数式

2005年/日本 監督/小泉堯史

「人と人が信頼を関係を築くことの大切さ」
c0076382_052428.jpg

博士は80分しか記憶が持たない。だから、博士の前で不愉快な態度を取っても、一生懸命尽くしていても、いずれにしても博士は80分立てば忘れてしまうのだ。でも、家政婦の深津絵里は常に博士の前で真摯な態度でいることをつらぬく。息子には「その話は一度聞いたことがある」と決して博士の前では言わぬようにと諭し、博士が悲しい顔をせぬよう心を尽くす。おそらくそれは、人が人に対して礼儀を持って接する、という人間本来の基本的な行動なのだと思う。でも、大抵の人間には、なかなかそれができない。しかし、人が人を信頼し、尊敬を持って接するからこそかけがえのない時間や体験が生まれるのだ、ということをこの物語は伝えてくれる。

家政婦役の深津絵里が予想外に良かった。ちょっとおばさんっぽい服装で、人のいい家政婦というのを自然体で演技していたと思う。旬の女優ということで、キレイに見せようとしたり、自己主張するようなところがあれば、一気にこの映画のトーンは崩れていたと思う。

原作は既読。というわけでこの物語のおもしろさは何といっても「数学の面白さに触れる」ことである。その点は映画でも十分にその役割を果たせていたように思う。一緒に見ていた息子は吉岡秀隆演じる成長したルートの授業シーンが面白かったようで、ずっとこの授業が見ていたい、と言っていた。吉岡秀隆の演技は、どこかで見たようなつたない感じだが、今回の場合は教師に成り立ての雰囲気と上手く合っていた。まあ、何をやっても純に見えるのは間違いないのだが…。

博士と義理の姉の関係性については、原作より強調されてたんじゃないかな。それはとても良かった。朴訥で数学のことしか頭にないように見える博士が、義理の兄の奥さんを愛していた。その事実は博士のキャラクターにより人間味を加えることができた。

博士が熱を出して倒れてしまうことと、それをきっかけに解雇されてしまうことは、大きな事件なんだけども、そこを乗り越えていく、という見せ方はしないんだよね、敢えて。象徴的なのはラストシーンで大きくなったルートが博士に頭をなでてもらい、キャッチボールをする場面。それを家政婦と義理の姉が見守る。そこには疑似家族が存在する。それぞれの心の中の風景。これは「泣くための映画」なんて言い方が存在する昨今、小泉監督は敢えて泣かせないような演出を心がけたのかも知れない。ただ個人的には、原作を読んでいる時に感じた、こみ上げるような気持ちを味わいたかったというのも正直な感想。山もなく、谷もなく、ただ暖かな風を感じる映画。それはそれでアリだ。好き嫌いは別にして。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-08-19 13:24 | 映画(は行)