「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー

<   2006年 07月 ( 54 )   > この月の画像一覧

2004年/日本 監督/李闘士男

なんでこんなに中途半端になってしまったんだろう。
c0076382_1829542.jpg

まず、プロレスシーンが中途半端。特にラストの対決は、映画の最高潮の盛り上がりにならなきゃいけないはずなんだけど、手に汗握るって感じじゃなかったんだな。でさ、とてもかないっこない相手に挑戦するわけでしょ?だったら、試合前の練習の日々も、もっとリアルな練習シーンにしないといけないのでは?まず、全体的にプロレスのシーンが少ないよね。もっと最初からどんどん本格的なプロレスシーン入れて欲しかったな。いったい、牛之助というのがどんなファイターなのか、ちっとも見えてこないんだよ。強いのか、弱いのか、どういう闘いをする奴なのかってのが全然わかんない。だから、おのずと最後の試合もどう応援していいか、わからない。

牛之助と息子の距離感が中途半端。もちろん、息子はオヤジを嫌っている。そんなことはわかります。男の親子が口数が少ないのはわかるとしても、息子に嫌われているという苦悩、そしてそれを打開するために無茶な挑戦をする決意みたいなのがね、なんか伝わってこないんだな。で、息子だが、この子は東京育ちでなれない大阪に越してきて内気になってる、というのはわかるんだ。ただね、オヤジとの関係性においてもっとこの子のつらさを見せてやる脚本なり、演出があったんじゃないだろうか?どうも出演者の関係性も物語一つひとつのエピソードも、ぽつんぽつんと存在していて、全体的な繋がりのなさを感じる。

何より主人公牛之助という人物があまり掴めない。別に前妻との確執や息子との関係をくどくどとセリフで伝えて欲しいわけではない。孤独なプロレスラー、息子のために命をかけるプロレスラーその切ない気持ちが、宇梶剛士からは漂ってこなかった。あと、関西弁ね。宇梶剛士だけ、どうしようもなく下手だった。南果歩は意外にも尼崎出身なんだね。どうりで板に付いてました。

この映画のたった一つの光明は、南方英二。チャンバラトリオのこのオッサン、「ビリケン」でも大いに笑わしてもらったけど、この出演陣では抜きんでて光ってる。演技なのか、ほんまもんのボケなのか。演技ならこりゃとんでもない俳優だ。孫との掛け合いはいちいち笑える。彼がいなかったら、最後まで見れなかったかも知れない。大好きならもちゃん原作なので、期待し過ぎたのがダメだったんだなあ。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-31 09:34 | 映画(あ行)

下妻物語

2004年/日本 監督/中島哲也

「新しい、と感じたのはいつ以来だろうか」
c0076382_024546.jpg

これだけ多くの作品が生み出される映画というメデイアで、「なんだこれは!?」という新鮮な驚きを感じることは、めったにない。だって、突き詰めれば基本的に創作するというのは、どっかでパクリであってさ。何だかこのシーン、観たことあるなあ、とか、この展開はどっかにあったなあ、とかそういうのの集合体が今の映画。これは、何も悲観的に言っているわけでなく、それは全ての創作活動にあてはまることだと、リアリスティックな私は常々普通にそう思っている。が、この下妻物語は、私を含めそういういじけた人々に強烈なパンチを喰らわせてくれる。新しいもんなんて、なんぼでも作れるんだよ!と。

なるほど、この人はトヨエツと山崎努のピンポンCMを作った人なんだね。あのCM私も大好きだったよ。先日、めざましテレビにこの人、出ててさ。言った言葉に、実は私すごく衝撃を受けたんだ。「目標は持たないことにしてます。」ってあっけらかんと言ったんだよね。確か、目標を持っちゃうといろいろ縛られちゃうし、自由でなくなるみたいなことを言ってたんだけど、そういう考えもアリだな。なんてまじめ人間の私は感心しちゃった。社会も企業も学校も、「まず、目標を立てよう!」な世界の日本だから、新しい発想が出てこないのかな、なんてミョーに考え込んでしまったよ。

さて、さて、映画に戻って。オンナの子の友情物語って、なかなか感動作にはできないもんですぜ。やっぱね、女同士ってのは、お互い計算し合って、牽制し合ってるもんなのよ、悲しいかな。だけども、桃子とイチゴは、ものすごくピュアな人間だよね。だから、感動できる友情物語が成立する。でも、そのピュアっぷりを徹底的に描くやり方が、実に新しかった。ここまでやるか、と思うものをさらに超えてやる!、そんな意気込みを感じる。実際「くだらん!」と思えることを徹底的に作り込めば、ここまで面白いもんになるのか、というのは驚きを通り越して、感動したよ。
主人公のふたりがね、他の奴なんて気にしない。私は私の道を行く!ってメッセージがホント気持ちよくって、それはそのまま中島監督にも当てはまるんじゃないかなって気がした。

で、脇役が登場するところは、もう爆笑しまくり。好きな場面がありすぎて、困るな。やっぱ一番笑ったのは、生瀬勝久から阿部サダオ登場のくだりかな。生瀬は、さすがやりまくり三助。で、阿部サダオのステップも最高。篠原涼子もいいねえ。カンにさわるヘンな関西弁がこの映画にはめちゃめちゃ合ってたわ。こういう監督のセンスもすごいな。宮迫博之、岡田義徳に樹木希林、極めつけはジャスコの荒川良々。もう、文句なし。つっこみどころ全くなし!「見終わってあそこがなあ…」と思うところがホントにない!

フカキョンのおフランス妄想シーンも、茨城の自宅のセットも、非常にていねいに作り込んでる。始まってから、終わるまで、びしーっと一つの世界観がある。蘊蓄たれたり、説教くさい世界観ではなく、ひーひー笑って泣ける世界観。これは、なかなか作れるもんではおまへんで。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-30 11:31 | 映画(さ行)

メゾン・ド・ヒミコ

2005年/日本 監督/犬童一心

「オダギリ・ジョーの腰のラインに目が釘付け」
c0076382_13575053.jpg

映画を観ていて「はっとする瞬間」って、意外と少ないものだ。私はこの映画を観て、2回時が止まった。一度目は、ヒミコの登場シーン。美しいガウンを羽織りターバンを巻いた田中泯が部屋に入ってくる。その圧倒的な存在感。ありきたりな言い回しだけど、それしか思い浮かばない。人が立っているのだけど、人じゃない。神というと言い過ぎなんだけど、とにかく人間離れしたオーラが漂っている。このヒミコの登場シーンで、この映画は当たりだ!と決まった。

二度目はオダギリ・ジョーの半裸の姿。その腰のくびれはただならぬ美しさ。それまでのフリルのブラウスをパンツにイン!したファッションもハンパなく素敵だったが、とうとう上半身を脱いで彼の腰のくびれを手前に部屋を映すカットになった瞬間、とりあえず私の思考は停止してしまった。それにしてもオダギリ・ジョーは、どんな役でもさらりとこなす。役になりきるというよりも、その役の方が彼にフィットしていくようにすら見える。これは天性のものなんだろう。最近のオダギリ・ジョーを見ていると、浅野忠信が出てきた時に、スゴイのが出てきたなあ、と思ったのを思い出す。

さて。おそらくこの物語の主人公のもう一人は柴崎コウであり、彼女のもがきながら生きる姿、そして好きになってはいけない相手を好きになってしまう展開がこの映画の主軸なんだろうけど、ごめんね。柴崎コウに私はちーっとも入り込めなかった。どう見てもブスには見えなかったし、何しろ沙織という女の屈折さを表現する柴崎コウの演技が私には物足りなかった。犬童一心&渡辺あやコンビと言うことでどうしても「ジョゼと虎と魚たち」と比べてしまうんだが、これは完璧に池脇千鶴に軍配!って感じで。ラストの展開も、「えらいうまくまとまってしまったじゃないの」と拍子抜け。

でもやっぱりいい映画ですよ。メゾン・ド・ヒミコのゲイの人たちは、とても生き生きしてるし、美術もとても凝ってて素敵。音楽は御大「細野晴臣」。それにね、脇役なんだけど、西島秀俊がね、彼がめちゃめちゃいい!田中泯にしろ、オダギリ・ジョーにしろ、西島秀俊にしろ、「雰囲気のある男」ってのはどうしてもこうも性的魅力にあふれてるかねぇ。西島秀俊にオダギリ・ジョーが誘いをかけるシーンも、わたしゃ女だがゾクゾクしちゃった。原作ありきの映画があふれる中、オリジナルの脚本でしっかりと良い映画を撮ってる犬童一心監督。次回も期待してます。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-28 22:30 | 映画(ま行)
2001年/アメリカ 監督/ジョン・キャメロン・ミッチェル

「ミュージカル嫌いの私が、この映画だけは別格と思える」
c0076382_13595576.jpg

物語をつらぬくのは「自分探し」。いかにもオーソドックスなモチーフであるが、劇中の楽曲のすばらしさ、ヘドウィグの魅力的キャラクターがとにかく際だっている。映画が始まって、速攻ギュワワ~ンと響くヘビィなギターの音色。そして、どぎついメーキャップで奇抜な衣装のヘドウィグが羽根を広げて登場。「ヘドウィグ参上!」のオープニング。もう私は開始10秒でこの映画の虜になっちゃった。

自分で企画し、ミュージカルとして育て上げた作品だけに、ジョン・キャメロン・ミッチェルは、映画の中でまさにヘドウィグとして生きている。その生々しさ、魂の叫びに心を打たれる。ロックは好きじゃないけど、唯一グラムロックだけは許せるという体質の私には、全ての楽曲がピンポイント。「オリジン・オブ・ラブ」もいいけど、私が一番好きなのは「ウィグ・イン・ア・ボックス 」。しかし、どの曲も何度聞いても飽きない。それはとてもすごいことだと思う。

ミュージカルは舞台。映画はスクリーン。いくらミュージカルが成功したからと言って、映画的に良いものが作れる保証はない。しかし、この作品は、よくもまあここまで完成度の高いものに仕上がったなあ、と感心する。トミーのコンサートを追いかける現在、そしてヘドウィグの幼少期からトミーとの離別までを描く過去、この両者が実にテンポ良く展開していく。そしてパワフルな演奏シーンが全体の流れに緩急をつけ、しかも歌詞の内容がそれぞれのエピソードを補填する。この構成は完璧なんじゃないの?

92分ってこともあるけど、終わった瞬間からまた最初から見たくなるんだよね。この中毒性は何なのだろう。ミュージカルでも「ヘドヘッド」を付けたコアなリピーターがたくさんいたってことだし、三上博史版のミュージカルでもかなりのリピーターがいた模様。でもきっと、それは音楽の力なんだろうな。ヘドウィグの激しくピュアな生き方が音楽を通じて伝えられることで、まるで自分自身の体験のように体に染みこむんだ。そしたら、次回以降音楽を聴いちゃうだけでジーンとしてくる。まるでパブロフの犬。そう考えると、音楽って偉大だな、とつくづく感じる。

かたわれ探しなど愚かなこと。自分という人間は欠けてはいない。私は私でひとつのパーフェクトな存在なのだ。そんな力強いメッセージは、男性、女性、といった性差を超えて全ての人々の心に深く突き刺さる。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-27 21:24 | 映画(は行)

親切なクムジャさん

2005年/韓国 監督/パク・チャヌク

「残酷で美しい絵画」

骨太だなー、パク・チャヌクって監督は。メイキング映像見る限り、テレビ局のすかしたプロデューサーみたいな風貌なんだけど、作品は全然違う。妙なギャップ感じるなあ。
c0076382_044430.jpg

前作オールド・ボーイで、主人公の復讐劇を執拗にを撮りつづけたのに対し、今作ではイ・ヨンエの復讐劇から後半、幼児殺害事件の被害家族を巻き込んでの展開。これには唸りました。そう来たか、と。何よりこの被害者家族が入ってから、俄然映像も物語も重厚になってくるのがすごい。古びた学校の教室で、クムジャが子供たちが殺される瞬間のビデオテープを回しながら被害者家族に淡々と犯人のことを告げるシーン。何ともおぞましいシーンなのに、静謐な雰囲気すら漂う。被害者家族が犯人処罰の返り血を受けるためレインコートを着て一列に廊下に座りうなだれるシーンも非常に印象的。罪や罰をテーマに描かれたヨーロッパの絵画を思い出させる。絵画的と言えば、クムジャの夢でペク先生を犬にしてソリで引く、というシーンがあるのだが、私個人としては、これは近年まれにみる印象深いシーンだった。ブニュエルとか思い出した、といったら言い過ぎ?何かのパクリかな、と勘ぐるほど出来過ぎている。

さて、どうしようもなく暗くて救いのないストーリー展開なのに、この映画は韓国で興行的に成功したと聞くが本当だろうか?だとしたら、韓国の人々の懐の深さは日本人のそれを遙かに越えていると感心せざるを得ない。

イ・ヨンエに関しては、私は例の大河ドラマは見ていないのだが、本当にいい女優だと思う。クムジャの底なしの暗さがすごく伝わってきた。確かにクムジャは被害者であり哀れな存在だが、それ以上に女の恐ろしさ、したたかさがイ・ヨンエからじわじわとしみ出していたもの。マスクをして連行されるシーンは、大韓航空機爆破事件の北朝鮮の女スパイを思い出したが、あれは意図的な演出だろうか?

刑務所内でのエピソードも、関西弁で言うと「えげつない」シーンの連続。でも、こうも真っ向から見せられると、もう白旗をあげるしかない。どうぞ、とことんやっておくれ!と叫びだしたいような気分だった。監督だけでなく、全ての出演者が骨太。ほんとに腹くくって演じてる。その壮絶さが最終的には清々しくさえ思えてくる。本当にパク・チャヌクという人は、次はどんな映画を撮るのだろう、と大きな期待を抱かせてくれる数少ない監督のひとりだ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-26 15:44 | 映画(さ行)

スタンドアップ

2005年/アメリカ 監督/ニキ・カーロ
c0076382_061064.jpg

弱者は弱者なりの生き方を探し出さねばならないのだろうか。ずる賢く、知恵を絞り、世渡り上手に生きていくことこそ、弱者の生きる道なのだろうか。ただ、牙をむいて立ち向かうことは、愚かなことだと?

私の答は、激しく「否」である。上のようなことを述べるのは「強者の理論」なのだ。あまりにも、人を見下した、驕った意見だ。これは、あくまでも私の個人的見解。

セクシャル・ハラスメントを受けた人に対して、「受けないように防護することも大事。つまり自分自身のリスク管理が足りない。」という人がいる。私は、何て冷たいことを言うのだ、と思う。その意見は間違ってはいない。だけども、それはセクシャル・ハラスメントをなくすための、第一の項目では決してない。なぜ、男は職場の女性に対して、そこが職場であるにもかかわらず、性的ないやがらせ、差別、いじめを行うのか、その根本を追求し、改善しない限り、セクシャル・ハラスメントはなくらない。それは、しごく真っ当な考えだと常々思っているのだが、なかなかこの「真っ当さ」に向かい合ってくれる社会にはならない。

この映画はセクハラが法的に整備されるきっかけとなった実話をベースにしている。シャーリーズ・セロン演じる主人公のジョージーは、鉱山で働くいているが、自ら男を誘っているわけでもないし、仕事がのろまなわけでもない。離婚して何とか自立して子供を育てねばならないのだ。それでもセクハラは起きる。その不当な扱いに異議を唱えても、誰も耳を貸さない。とりわけ不本意なのは、同僚の女性による反発であろう。こういうことは日常でもよくあること。女という生き物は徒党を組み、抜きんでる女性を嫌う。おそらく、このような傾向は生物的弱者として、DNAにすり込まれているのではないだろうか。それが女として生きやすい道なのだ。

シャーリーズ・セロンのひたむきな姿も良かったし、同僚のフランシス・マクドーマンド、父親のリチャード・ジェンキンス、母親のシシー・スペイセクなど脇を固める役者が非常に地に足の付いた演技で魅了する。特に、鉱山労働を断固として反対し、反駁し合っていた父親が娘のために立ち上がった時、私も心の中で拍手喝采を送った。時折挿入される工場の上空からのカットは鉱山労働の過酷さをうまく表現しているし、主人公と家族の問題なども非常にしっかりと描いている。セクハラに立ち向かうというモチーフが決して女のヒステリーみたいに見えないよう、実にじっくりと撮りきっているニキ・カーロという監督もすばらしいと思う。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-25 13:50 | 映画(さ行)
1996年/アメリカ 監督/ブライアン・デ・パルマ
c0076382_143644.jpg

何だよー、デ・パルマだったんだ、この映画。とりあえず、必要以上に爆発物の多いハリウッド映画は、見ないようにしているので、知らんかった。でも、デ・パルマらしさは、あんまり出てないなあ。

私は見てましたよ、スパイ大作戦。子供の頃、夜更かしして再放送見てました。しかし、リーダーのフェルプスくんを裏切り者にしてしまうなんて、それはないんじゃないの。オリジナルのファンはがっかりだし、かといって、どんでん返しの驚きもさほどなく、この展開にあまり効果はなかったな。

でね、私の大好きなエマニュエル・ベアールがさ、なんかハリウッド映画に出ると、ただのチンケなネーチャンごとく見えるのがものすご悲しかった。ジャン・レノもそうなんだけど、まあ彼の場合はすっかり大作出演で株を落としてるからもういいんだけど、エマニュエル・ベアールはねえ。こんなの出なきゃ良かったね。この後、たぶんほとんどアメリカの映画には出てないように思うけど、それで正解だと思うな。

で、その他の出演者を見てもわかるように、これはチームとしての国際性みたいなのをアピールしてるわけでしょ。それぞれの超スペシャリストが集結して作戦を敢行するわけじゃない。その割には、トム・クルーズひとりで張り切りまくりの映像ばっかでさ。だとしたら、なぜ、スパイ大作戦のリメイクにする必要があったんだろうと思ってしまう。ジャン・レノなんか、ホントに元CIAメンバーなのぉーってくらいにドタバタしちゃってさあ。トムくん以外の人物造形浅すぎるよ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-24 20:43 | 映画(ま行)

砂と霧の家

2003年/アメリカ 監督/ヴァディム・パールマン
c0076382_1461472.jpg

極悪人が出てくるわけでもなく、ちょっとしたボタンの掛け違いが最終的には大きな悲劇を呼んでしまう。こういう作品を観るとき、人は得てして誰が一番悪いか、という「悪人探し」をしてしまうものだ。しかし、それは、はっきりいって何の意味もない。何のためにそれをするかというと、後味の悪い結末がもたらす自分自身のモヤモヤを何とか解消したいからだ。そんなことを観客にわざわざさせるために、映画を作るアホウはいない。

たった500ドルの税金を滞納したおかげで、父から譲り受けた家を没収されてしまったキャシー。彼女に非がないわけではない。しかし、夫に逃げられ、少し怠惰になっていただけなのだ。誰だって、人生のそんなちょっとした下降線の時があるではないか。そして、行政の手違いとはいえ財産をつぎこんだ家を手放さねばならなくなったベラーニ。彼は少々プライドが高く、ワンマンなところがある。しかし、それはイランから亡命し、元大佐であった彼のこれまでの生き様から考えれば仕方のないことなのだ。ただキャシーを好きになる保安官だけは、いささかその行動に納得できないところがある。まあ、こんなつまらん男をひっかけてしまった、キャシーが招いた災いとも言うべきか。

ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー、ショーレ・アグダシュルー。この3人の役者が本当に素晴らしい演技を見せてくれる。キャシーというのは、何とも陰鬱な女でいつも何かにイライラしている。もう少し理性を持って落ち着いて行動すれば、もっと物事はうまくいくはずなのに、自分で自分の首を絞めている。そんなヤな女をジェニファー・コネリーは情感たっぷりに演じている。ベラーニ大佐は亡命者がアメリカで生活することの苦悩と自分自身のプライドとのバランスがうまく保てずもがきながら生きている。ベン・キングスレーは、そんな複雑な心理を見事に表現している。妻役のショーレ・アグダシュルーは、この作品で初めて見たけど、非常に魅力的な女優。片言の英語しか使えず、ワンマンな夫についていくしかない女の哀しさがにじみ出ている。

そこかしこで起きる「ボタンのかけ違い」は、誰だって犯すかもしれない些細なこと。しかし、最も悲しむべき事は、「双方の言い分、共に理屈が通っている」ゆえに打開点が見いだせないことなのだ。しかし、互いが自分の権利を主張し会い続ける、その先には悲劇しかない。これは、今もなお続く世界中の紛争にもそのまま当てはまるテーマではないだろうか。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-23 18:07 | 映画(さ行)

17歳のカルテ

1999年/アメリカ 監督/ジエームズ・マンゴールド
c0076382_010326.jpg

思春期には誰だって、思う。私は何のために生きているのだろう。私に生きている価値はあるのだろうか、と。そんな時期に親の離婚だとか、彼(彼女)とのトラブルだとかがきっかけになって、精神的にひどく追い詰められることは誰にだってありうる。この映画では、そんな様々な精神的ダメージを受けながら生きてゆく少女たちが描かれている。

ウィノナ・ライダー演じるスザンナは、文章を書くことが好きな頭のいい少女。この子は、まじめで頭が良すぎるんだね。だから、物事を深く考えてしまう。で、薬をひと瓶飲んで自殺をした結果、クレイモアという精神病院に入れられる。スザンナは「内に向かう」タイプで、いろいろ悩んではひとりで抱え込んでいる。役としては非常に地味なんだけど、ウィノナ・ライダーはこの役にあっていたと思う。どうしても、リサを演じるアンジェリーナ・ジョリーの演技に食われてしまうんだけど、これはもう役自体がそういう関係性だから仕方ない。確かに脱走後、再び戻されて魂の抜けきったような演技や、辛辣に相手を打ち負かす悪魔のごときアンジェリーナ・ジョリーのキレっぷりは、スゴイ。この2人の対比は非常にうまく描けていた。

ただ、私が驚いたのは、看護師のウーピー・ゴールドバーグの存在感。この人には、ものすごい包容力を感じる。画面に映っただけで、「全てあなたに任せます」って感じ。何だろう、このとてつもない安心感は。アタシだけかな。黙って微笑むだけで、私は全部わかってるわよってオーラがびしばし出るんだなあ。だから、この人は修道女とか、看護師とか誰かを見守る役がものすごくはまる。

リサの奔放なところにひかれ、振り回されながらもスザンナは最後にしっかりと自分の心の着地点を見つける。もちろん、それは友人の自殺という悲劇がきっかけになっているのだけど、その心の流れに、私は素直に共鳴できたな。「自分を見つめる」ということに、とても真摯に取り組んでいるウィノナ・ライダーの演技がとても良かったからだと思う。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-07-23 18:07 | 映画(さ行)

GO

2001年/日本 監督/行定勲

「血沸き立つ」
c0076382_23444439.jpg

窪塚洋介、最高の演技だね。これは見て本当に良かった。山崎努と大竹しのぶという脇を固める役者がうまいから、映画全体の底上げがなされていて、こりゃ完璧。行定監督の最高傑作。こんなの作っちゃったら、もうこれ以上のは作れないんじゃないのかな?と思わせてしまうほど。

窪塚洋介のあの下から睨む眼、柴崎コウでなくとも、全ての女がゾクゾクするね。ああいう、ぎらついた眼ができる役者はそうそういない。自分のアイデンティティーのことやら、イラク戦争のことやら映画の完成記者会見で熱弁している窪塚くんを見るに、もともと彼はそういう「思想」というものに対する感性はあったのだろうけど、この映画を通してますますそれが深みにはまっていったように思う。でも、そういうことを熱弁する窪塚くん、私は好きだな。

脚本も、いいなあ。クドカンってこんなに硬派な話、ちゃんと書けるんだと思った。ぐさぐさ来るセリフがいっぱいあったよ。しかも、結構笑えるシーンもいっぱいあって、テーマの重さと緩急付けて一気に見せてくれる。タクシードライバー役の大杉連、先輩役の山本太郎、このあたりの絡みは絶妙だね。クラブでの柴崎コウと窪塚くんの出会いのシーンで、バックに落語が流れてくるセンスこそ、これぞクドカン!

それにしても自分でも持てあますほどの、ほとばしるエネルギーが、がんがん伝わってくる。観ている方も芯から熱くなった。「俺は何人だ!」と叫びながら、校庭に入ってくるシーン。最高。こんなセリフを自分のものにできる役者、窪塚洋介をもっと観たい。山崎努が添え物に見えたよ。窪塚くん!アンタはもっと映画に出なきゃ、ダメだ!

人気blogランキングへ
[PR]
by galarina | 2006-07-23 18:06 | 映画(か行)