「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

SEX and the CITY シーズン6-2

「シャーロットとハリーに泣けた」

c0076382_22211345.jpg


最終シーズンに入って、4人それぞれの恋愛が山場を迎えていくんだね。そのトップバッターが、シャーロット。えーハリーと別れちゃうわけ~っとガッカリさせておいて、実に微笑ましいハッピーエンド。ハリーに再会して、自分の本当の気持ちを打ち明けるシーンが、泣ける。見栄を張ったり、嘘で気を引いているうちは、本当の愛じゃないのよ。「やっぱり、あなたのことが忘れられない」って、正直に打ち明けるシャーロット。手放したくない時は、駆け引きせずに素直に行くのがイチバンなのよね。ひざまずいて「ボクと結婚してください」。ハリーは、ちゃんとシャーロットの理想のプロポーズをしてくれましたよ!イイ奴だぁ~。

そして、ジェリー改めスミスくん。サマンサが彼をどんどんオトコマエに磨いて行く!これぞ、本当のあげまんってやつじゃないっすか。最初はゲイ、その次はティーン。さすが、サマンサ姐さん、狙い所を知ってらっしゃる!PR会社社長として手腕を磨いてきたのは、スミスくんを得るためであったかのよう。あのポスター、欲しいなあ。しかも、名前だけだけど「ガス・ヴァン・サント」が出てきてびっくり。メジャーな娯楽作品じゃなく、ガス・ヴァン作品のジャンキー役に抜擢ってのが、なかなかツボを抑えた渋い展開ですね。

キャリーは、案の定バーガーと別離。ミランダは、正直になれないイライラばかりが募る。ミランダよ、今回ばかりはシャーロットを見習い、素直になるべし。
[PR]
by galarina | 2008-08-02 21:07 | TVドラマ