「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ショートバス

2006年/アメリカ 監督/ジョン・キャメロン・ミッチェル

「その孤独はセックスでないと埋められないのか」
c0076382_15515678.jpg


人間とは何て哀しい生き物なの。誰も彼ももがき苦しんで、ほんのちっぽけでもいいから、誰かとの絆を求めている。その性の有り様が赤裸々であればあるほど、その滑稽さの向こうにそれぞれが抱える孤独が透けて見える。誰かと繋がっていたい。その欲望を満たすのは、文字通り肉体的に繋がるセックス。

ありとあらゆるセックスのカタチが描写される本作。J・C・ミッチェルのチャレンジャー精神はすごいと素直に感嘆。バイブレータのネーミングは「愛のコリーダ」ですか。セックスを通して、人間存在そのものを捉えようと言う意欲は伝わる。

しかしである。果たして人生セックスが全てなんだろうか。そんな疑問も覚えて当然。心から愛する人のものを受け入れられないことは絶望なの?愛する人とのセックスでオーガズムが得られなければ不幸なの?そんなはずはないのだ。そっと肩を寄り添うだけで、手と手を握り合うだけで満ち満ちた幸福感を得られることはある。しかし、そう断言できる私は今幸福だからなんだろう。もっと深く、深くと相手を傷つけてまでも、求めずにはいられない。それほど、彼らの心の空洞は大きい。もしかしたら、この映画は自分の幸福度を知るリトマス試験紙なのかも知れない。彼らの渇望が理解しがたければしがたいほど、今の自分は幸福なのかも。

それでもなお、一人ひとりが抱える孤独の由縁をもう少し丁寧に描いてくれたら、と言う思いは残る。やはり、同性として、ただひたすらにオーガズムを追うソフィアの姿は、目を覆いたくもなった。叡智を意味するソフィアと名付けられていることから、監督が彼女に込めた意図は慮ることはできるものの、背景の少なさから彼女に共感するのは、とても困難。肉体的反応としてのオーガズムを得られたからと言って、果たしてその向こうに幸福が広がっているのか、と言う疑問はぬぐえない。

ラストに提示されるのは、性の解放区とも呼ぶべき楽園。狂おしい渇望にあえぐ人たちへ贈るハッピー・エンディング。9.11後のN.Yに、どうか希望が生まれますようにと言うJ・C・ミッチェル願いがそこに現れている。
[PR]
by galarina | 2008-05-02 15:52 | 映画(さ行)