「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ばかのハコ船

2002年/日本 監督/山下敦弘

「軽々と枠を超えていく」

c0076382_17525050.jpg

前作「どんてん生活」でどこまで狙ってやってるんだろうと書きましたが、なーんも狙ってないことが本作を観てわかりました(笑)。思いつくままに、映画を撮ってる。そんな感じ。映画を撮らねばならない使命とか、映画で表現しなければならない苦悩とか、そんなもの、ここには微塵もない。こんなに自由に映画が撮れたらさぞかし気持ちがいいんじゃないでしょうか。そして、もし私が映画監督を目指しているような人間だったら、映画というおもちゃで自由に遊んでいるこの奔放さに大きな嫉妬を覚えそう。

恋人同士のふたりが「あかじる」の売り方で大真面目に議論するようなくだらないシーン、特に会話のやりとりで思わず笑ってしまうわけです。例えば、あかじるを売りに行った先でいとこが「うん、あたしにもそんな夢を追いかけた時期があるよ」なんて、大真面目に返したりして。あかじるが夢かよっ!なんてスクリーンにツッコむ。結局これって、延々と続く「ボケ」なんですよね。漫才で言うところの。なので、実は山下作品から松本人志のコントなんかも時折思い浮かべてしまうんです。(「大日本人」はまだ観ていませんが)

ボケ担当であるまっちゃんのコントも「わかるやつだけわかればいい」的奢りが感じられる、なーんて皮肉を言う人もいるけど、作り手にそんな気持ちはさらさらないと私は思うな。山下作品も同様に面白い人と面白くない人がいると思うんだけど、結局それは、作り手が限りなく自由に作っているからだと思う。大多数の人間を笑わせようという意思は全くないのよね。私は例によって、最初から最後までおかしくて、おかしくてしょうがなかった。

また、一方でダサイ人間の描写とか、噛み合わないセリフとか、それだけで成り立っているんじゃない、というのもつくづく痛感させられるのね。それは、構図の面白さとかカメラの位置。本作では、特にカメラの高さが気になったんだけど、視点やトリミングの仕方ひとつで笑いを出せるって言うのは、単なる思いつきだけではない映画人としての才能だと思う。

そもそも映画って「伝えたいメッセージを持つもの」という固定概念があるでしょ。そういう枠を完全に飛び越えちゃってる。全ての表現において、テーマはなし、自由にやれって言われることほど、難しいことはないもん。しかも、この全くもってくだらない物語を終盤しっかり収束させようとしているところがすごい。それは、ふたりがどうなる、という顛末としての収束ではなく、映画としての収束ね。久子の哀しさ、大輔のやるせなさ、と言った情緒的なものをスパイスのように効かせて、見事なオチへと繋げていく。うまいなあ。
[PR]
by galarina | 2007-12-24 23:52 | 映画(は行)