「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ツイン・ピークス シーズン2 vol.5

1989年/アメリカ 監督/デヴィッド・リンチ
<episode23~episode26>

「無理矢理、繋げてまんな」
c0076382_1882154.jpg


vol.4でボブも小人も消えた…と思ってたらepisode23で唐突に登場。ウィンダム・アールもブルー・ブックのメンバーで、ブラック・ロッジの存在を知ってましたか。なるほど、そう繋げてくるとは。しかし、無理矢理感が否めませんね。

さて、リーランド逮捕以降のツイン・ピークス。物語としては間延びしているし、犯人はもう捕まったし、観る意味あるのか…という気持ちになる人が多いのも理解できる。もちろん、ここまで来たら最後まで見てやるよ、というあきらめに似た境地は私にもあります。

で、無理矢理、見る意味をひねり出してみる(笑)。と、一つだけ言えるのは、ツイン・ピークス以降のリンチ作品の理解が深まるってことかな。先日、最新作「インランド・エンパイア」を鑑賞。で、その後このシーズン2を文句言いながら見ていると、おや?と思うことが多々ある。クーパーが心酔しているチベットの教え、片腕男が持っている統合失調症の薬、ホワイト・ロッジとブラックロッジという表裏の世界観などなど。「インランド」に通じる部分は結構あるんですね。もちろん、同じ監督だから同じ世界観で作品を作り出しているのは、当然なんですけれども、未だに「ツイン・ピークス」から最新作まで繋がってるのか、と思うとそれはそれで感慨深いものがありました。

というわけで、なんだかんだ言って最後までみちゃったよ…という方は、引き続きリンチ作品をいろいろと見ることをオススメします。こんなグダグダの後半戦をがんばって見ているんだから、何かに生かさないとね(笑)。
[PR]
by galarina | 2007-10-03 23:35 | TVドラマ