「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

北の零年

2004年/日本 監督/行定勲

「小百合さんの年齢にこだわるのはやめましょう」
c0076382_20112818.jpg
豊川悦司目当てに鑑賞。
が。期待していなかったせいか、思っていたより堪能できた。

馬が走る姿が美しい、と思った日本映画は久しぶりかも知れない。鞍もつけず、乗り手もいない、素の姿の馬が北の大地を疾走するラストシーン。とても清々しく、気持ちよいものだった。馬と言えば黒沢明を思い出すけど、黒沢映画でも馬にまつわる苦労話はたくさん聞いたことがある。この作品では、調教のスタッフさんが頑張ったんだろうねえ。北海道というロケーションの良さもあって、伸びやかな馬の姿に見とれました。

吉永小百合に関しては、年うんぬんは一旦横へ置いて鑑賞。そこんところは、この作品を楽しむための第一条件でしょう。確かに無理はありますが、そんなことで全体を論ずるようなこともなかろうと私は思う。

吉永小百合主演で開拓民の話となると、例えば降旗康男、根岸吉太郎など、ベテランの監督がメガホンを撮っても良さそうに思える。しかし、その場合、期待通りでオーソドックスな作品になっていたのではないだろうか。行定監督は、儚い映像を撮るのが得意だし(デビュー作「GO」は別にして)、はらはら舞う雪や美しく女優を撮る(そのほとんどは吉永小百合ですが)映像でらしさを発揮していたように思う。

それぞれの立場がどんどん変わり、歴史に翻弄される人物群もなかなかドラマチックで良かった。大河ドラマ的ストーリーなので、演出上仰々しくなったり、ある程度物語に予測が付くのは仕方ないところじゃないかなあ。惜しむらくは石田ゆり子の人物設定で、吉永小百合とは対称的に描いてはいるものの、もう一歩及ばず。吉永小百合が「静」とすると、石田ゆり子は「動」の役どころ。どちらも、女の芯の強さを表現しているが、ちょっとバランスが保ててないなあ。残念。

で、トヨエツは、トラブルがあるとさっと現れる影のヒーローみたいな男。てっきりアイヌ民族の役だと思っていたので、これは嬉しい誤算。しかも、ラストのクライマックスに絡んでくるとは想像外。予想以上においしい役回りでした。
[PR]
by galarina | 2007-09-28 23:11 | 映画(か行)