「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

魂萌え!

2006年/日本 監督/阪本順治

「阪本順治が帰ってきた」
c0076382_1591198.jpg

前作「亡国のイージス」で「おーい、阪本監督どこへゆく~」と悲しい気分になったのを、人情劇と言う本来のフィールドで取り返してもらった。実に手堅い、そつのない作品でとっても満足。原作は既読で、物語の内容から阪本監督に合った題材なのか?と思ったけれども、よくよく考えれば「桐野夏生」×「阪本順治」。つまりハードボイルド同士の組み合わせで、合わないわけがなかったのだ。

「どついたるねん」に始まり「ビリケン」や「顔」と言った人情劇の阪本作品が私は大好きで、この「魂萌え!」でも、いつもの阪本監督らしい作風がそこかしこで見受けられる。それは、ぶっきらぼうだけど優しい目線と言えばいいのだろうか。そして、登場人物同士、お互いがあまり深入りすることはないのに、しっかりと「人と人の絆」を見せてくれる。それは同級生仲間の描き方で最も発揮されていて、オバサン4人なら「もっちゃり」した感じになるところを、実にサバサバした描写ながら仲間の絆をしみじみと感じさせてくれる。

テンポの良さと適度な間、そして時々入る笑いの要素と、実に見やすい。というか、見ていてとってもラク。それは、作品が平凡というわけではなく、1カット1カットがとても丁寧に作られていて観客が安心して見られるからではないかという気がする。「笑い」に関しては、酔っぱらった風吹ジュンがカバンの中に吐いてしまうシーンがとっても阪本監督らしいな、と思った。終盤、ふたりの女が対峙するシーンは、見応え満点。とてもクールな演出で、特に三田佳子の演技が冴えている。髪振り乱してケンカせず、目の動きと皮肉めいた口調で静かに対決する妻と愛人。去る妻の背中に男が使っていた歯ブラシを投げつける。なかなかハードボイルドです。

夫に先立たれた主婦がどんどん世の中を知って強くなるというお話だけど、主演の風吹ジュンもこの作品でひと皮剥けたんではないかな?頼りなくてふんわりしたイメージの彼女で阪本作品に染まるかしら?と思ったけど、だんだん佇まいがきりっとしてくるし、笑いのシーンも開き直ってやってるし。いや、実に隙のない作品で、阪本ファンとしてはホッとひと安心したのでした。

さて。登場した瞬間、低音ボイスとびっくりするようなスタイルの良さですぐにわかる豊川悦司ですが(笑)。あの~カプセルホテルの管理人のダサい服装なのに、その足の長さはなんでしょう?と見とれてしまいました。出演シーンは少ないけど、ラストの嗚咽はちょっともらい泣きしそうになっちゃいました。しかし、贅沢な使い方だな~(笑)。
[PR]
by galarina | 2007-09-23 23:05 | 映画(た行)