「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レミーのおいしいレストラン

2007年/アメリカ 監督/ブラッド・バード
<TOHOシネマズ二条にて鑑賞>

「メッセージ力がCGの映像美を上回る絶品」
c0076382_0263875.jpg
そこいらの映画より、よっぽどキャラクターの作り込みができてる。これは、子供のためのアニメではなく、子供と大人が一緒に見るためのアニメと言っていい。むしろ、ラストの展開の「批評するとは?」というくだりなんぞ、おそらく子供には理解不能。子供が存分に楽しめる内容と大人が存分に楽しめる内容がバランス良く配合されていて、絶品。この手のアニメーション作品としては、今まで見たベスト1としたい。

本作は、全ての登場人物の配置が実に優れている。料理の才能はあるのに厨房に立てないネズミのレミー。天才料理人の息子なのに料理の才能が全くないリングイニ。あふれんばかりの料理への愛を持つオーナーシェフ、グストー。その後継者となり金儲けしか頭にないスキナー。男社会の中、実力で道を切り開く女性シェフ、コレット。辛辣な批評ばかりして作り手への敬意を忘れた料理評論家のイーゴ。

これらの登場人物は、互いにないものを補ったり、表と裏の関係だったりして実に多様なメッセージを我々に投げかける。例えば、グストーとレミーは、勇気を与える者と与えられる者。生まれてくるメッセージは、チャレンジすることのすばらしさだ。グストーとスキナーの関係を見れば、創業者と二代目の問題が浮かび上がる。リングイニとコレットを見れば、運に恵まれ出世する者と努力すれど出世できない者。そして、レミーとイーゴでは、本当に大切なことを知ること、新しいものを認めること。

配置がすばらしいと言ったのは、これら登場人物が一方向ではなく、多方向に関係し合い、物語に厚みが出ているのだ、ということ。しかも深いメッセージでありながら、言わんとすることが子供にも自然に理解できるように物語が綴られている。これは、実に高度なスキルだと感じる。CGの映像にも、もちろん多大な労力と技術が要されているのだろうが、本作は人物設定と互いの関わり方、メッセージの伝え方という脚本部分において、かなりの練り込んだ作業があったんだろうと思う。

さて、アニメーション作品なのだから、映像についても触れねばなるまい。ネズミの毛1本1本に至るまで、繊細でリアルなCG画像。パリの街もお料理もとってもステキで、映像の進歩は一体どこまでゆくの!というくらいに驚きでした。肌のつやや、目玉のテカリ具合など、微妙な表現も本当に手が込んでいる。「映像が美しい」ということが、その映画を見ようというモチベーションになるのかしらと懐疑的な私だったけど、これは見る価値アリ。映画館の大スクリーンだからこそ、価値のある美しさだった。でも、物語の構成と強いメッセージ力がこのとてつもない3DCGの技術を超えている。だから、本作はすばらしいのだ。

こうやって、あれこれ映画の感想をダラダラと書いてる私なんぞ、イーゴの長い独白に胸をぐっさりやらてしまった。批評する者のスタンス、新しいものを認めることの勇気。泣けました…
[PR]
by galarina | 2007-09-02 23:26 | 映画(ら行)