「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プリシラ

1994年/オーストラリア 監督/ステファン・エリオット

「砂漠に映えるゴージャスな衣装たち」

c0076382_20215542.jpg
ゲイ+ロードムービーの草分けとも言える作品。たくさんのゲイムービーが作られている今見直すと、テーマ性においてはやや見飽きた感じがする。当時はすごく斬新だったのだけどねえ。が、しかし、何と言っても砂漠とド派手な衣装とのコントラストが圧巻。バスのルーフに取り付けたハイヒール。あのアイデアは素晴らしい。エリマキトカゲをイメージした衣装も出てくるけど、その悪ノリぶりがおかしくてたまらない。

砂漠という劣悪な環境でおんぼろバスは何度も止まり、なかなかゴールにたどり着けない。まるで彼らの人生を象徴するような旅路。原住民アボリジニとの触れ合い、思わぬパートナーとの出会いなど、旅のプロセスにおける人間ドラマは確かにじんわり心に染みるが、やはり主人公がドラァグ・クイーンだから、もっとひねりの効いたドラマにしても良かったんじゃないかなと思ったりして。まあ、それもこれも、昨今のゲイムービーの脚本のクオリティが非常にレベルアップしてしまったからかも知れない。

とはいえ、本作の見どころは、バーナデットを演じるテレンス・スタンプ。名作「コレクター」でサイコパスを演じた彼のイメージとは打って変わってのチャレンジ。ドラァグ・クイーンというよりも、品の良いオカマという言葉がぴったり。なのに頭に白鳥のかぶりものを乗っけて、踊る様には吹き出しちゃう。これは、まるでひょうきん族ではないの!(笑)しかも、ダンスのキレもなく、リズム感もイマイチってんだから、どうしようもない。そんなダンスだめだめなテレンス・スタンプだけど、年を取ったオカマの悲哀がじわんと伝わる演技力が全てをカバーしている。

彼女は、すごくプライドの高いオカマなのよね。でね、面白いのは「私はABBAでは絶対踊らない!」って言うのよ。ゲイ事情にすごく詳しいわけではないけど、おそらくABBAで踊るって言うのは、すごく今っぽい、若者向けのパフォーマンスってことなんだと思う。ABBAの音楽って、今じゃドラァグ・クイーンの代名詞みたなとこあるでしょ。何でそうなったのかも個人的にはかなり興味深いのですが。で、古き良き踊り子さんだったバーナデットはABBAを毛嫌いしている。そんなことを始め、トランス・ジェンダーの方々ならではの丁々発止のセリフのやり取りも見どころ。

ドラァグ・クイーンの口パクダンスと何でこうもしっくり来るの?という名曲がズラリ。懐かしいディスコサウンドが実に軽快。初めて映画のサントラが本気で欲しいと思ったのが、この作品でした。
[PR]
by galarina | 2007-08-25 20:22 | 映画(は行)