「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブエノスアイレスの夜

2001年/スペイン・アルゼンチン 監督/フィト・パエス

「私に触れられるのはあなただけ」
c0076382_19495914.jpg
舞台はアルゼンチン。声でしか快感が得られない中年女がうら若き男娼と出会う。演じるのはセシリア・ロスにガエル・ガルシア・ベルナル。やがて、ふたりは禁断の関係に陥る…。と聞けば、これで面白くならないわけがないでしょう、という大前提があるんですね、この映画には。で、結局その膨らんだ期待感をそれ以上膨らませるには、もう一歩及ばずという感じなのです。もったいない。

主人公カルメンが背負っている過去の傷について映画が多くを語らないのは、アルゼンチン人なら誰もが共有している忌まわしい過去だからでしょう。貴族の娘であったカルメンは、軍事クーデターにより1年間の投獄と拷問を受けた。

彼女の今の状況、つまり他人に触れられることを極端に恐れ、他人のセックスを覗いたりポルノの朗読でしか性的快感を得られないことは、おそらく牢獄で性的な屈辱を受けつづけたことによるものだろうと想像できる。なんと哀れなことでしょう。誰かに抱きしめられたいというのは、女性の根源欲だと思うもの。その哀しさはセシリア・ロスの演技から痛いほど伝わってきたし、ガエルは(その後の展開を予想させる)幼さの残る素朴な若者を好演している。

結局、誰かに触れられることの拒絶反応をカルメンは我が息子によって克服するわけで、禁断の愛というよりむしろ見えない糸によって導かれた母と息子の奇跡のような物語なのだと思う。ラストシーンの「悲しい結末じゃない」というセリフは、私はとても納得。だって、グスタボによってカルメンはトラウマから解放されたんですもの。それに「オールドボーイ」でも書いたけど、親子による姦通と言うのは究極的に誰かを欲するということの実にシンボリックな表現手段だと思うし。そして、この場面のセシリア・ロスの演技がすばらしい。愛するグスタボに触れたいのだけど、女としてではなく、母として触れなければならないその葛藤が、出したり引っ込めたりする手の動きで表現される。それが切なくて、切なくて。この作品は、このラストシーンでずいぶん救われていると思う。

で、その「もう一歩感」とは、カルメンと周辺の人物との関係の描き方が中途半端なところ。特に妹の存在が思わせぶりな描き方で不満が残る。20年前に祖国を出て行ったきりの姉に対し、妹は複雑な心境にある様子が見て取れる。「母と息子」という関係に加えて「姉と妹」のいびつな関係をより深く描けば物語にもっと深みが出たんではないだろうか。父や母、カルメンをずっと好きだった医師など、大きな傷を抱えたカルメンと彼らの間に流れる溝を見せてくれればもっと満足できる1本になったと思う。

ガエルファンの目線で語れば、セクシービーム満載で嬉しい限り。売り込み中のモデルってことで、セミヌードで撮影されたポスターがでてくるんだけど、ガエルファンはある1点に目が釘付け(笑)。恥ずかしくて書けません。あのポスターは欲しいなあ。
[PR]
by galarina | 2007-07-06 23:49 | 映画(は行)