「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

息子の部屋

2001年/イタリア 監督/ナンニ・モレッティ

「何かが起きてそうで、何も起きていない、奇妙な映画」
c0076382_23133553.jpg
カンヌ映画祭、パルム・ドール受賞作品と思って見始めてしまったから、正直肩すかし。最近のパルム・ドールって、問題作が多いのですごく身構えて見てしまったのが失敗の元。

本作は息子が不慮の事故で亡くなり、喪失感にとらわれる家族を描く作品。家族の突然の死によりみんなの心がバラバラになり始めた時に、予期せぬ一通の手紙が届く。しかし、その手紙の顛末もさして起伏なく、淡々と物語は進む…。息子を亡くした喪失感を家族で埋めるプロセスが描かれるわけでもなし、主人公が何かを乗り越えるわけでもなし。静かな物語でもじっくりと余韻を残す作品かと、期待して見てたら、あらあら終わっちゃった…って感じなのだ。

ただ、この作品で妙に印象に残ったのは、意図的な「外し」のような部分。例えば、息子に手紙を送った少女が家に訪ねてくる。つい先日、あなたのことが忘れられないという内容の手紙を書いているくせに、なぜかもう新しいBFとヒッチハイク中なんですね。こういう「外し」は個々のエピソードだけではなく物語全体をも包んでいる。何かが起きるんだけども、わかりやすい顛末には決してならないという。

精神科医である主人公ジョバンニは、息子とランニングに出かけようと約束していたのに、急な患者の呼び出しに応じてしまったがために、息子は別の約束を取り付けてしまい事故にあってしまう。だから、ジョバンニは、往診に出かけたことがトラウマになってるわけ。しかも、息子が死んでからもその患者のカウンセリングは続いている。普通なら、そこでその患者と何かが起きる、または、そのトラウマを乗り越える何かが起きると考えるのが普通。でもね、なーんにも起きないんだ、これが。

実はこの「外し」が気になり始めてから、私の頭には北野武の映画がよぎったんです。監督、主演も自分でこなし、淡々と進む物語でテーマは死。そして、出来事と出来事がストレートな因果関係で繋がらない、見ていてもどかしい感じ。北野武の映画がイタリアでウケるのも何となくわかるような気がした。

ただ、非常に個人的な好みの問題なんだけど、北野武の映画には、この「外し」の向こう側に様々なイマジネーションが見ていて湧いてくる。逆に言うと、そこを楽しむ作風と言える。でも、この作品では、それができなかった。息子が死んでもなおカウンセリングを続けるジョバンニの胸中を表現するシーンでいくつか味わい深いところもあったのは確かだけど、パルム・ドールなんて知らずに見れば良かったなあ。
[PR]
by galarina | 2007-06-28 23:18 | 映画(ま行)