「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドリーム・ガールズ

2006年/アメリカ 監督/ビル・コンドン
<MOVIX京都にて鑑賞>

「パフォーマンスのすばらしさに圧倒されて号泣」
c0076382_2134222.jpg

拝啓 ジェニファー・ハドソン様

先日のアカデミー賞に関することで、歌がうまいだけで賞をもらっていいのか、というような発言をしてしまったこと、どうかお許しください。あなたのパフォーマンスは、本当にすばらしかった。私は、あなたに助演女優賞ではなく、主演女優賞を贈りたいほど感動いたしました。その気持ちに免じてどうかお許し下さいませ…

と、ジェニファー・ハドソンに謝りたいくらい、もお~、ほんっとにすばらしかったです!ソウルファンの私にとっては、極上のエンターテイメントを堪能させてもらって、もうお腹いっぱい!という感じでした。全ての楽曲がすばらしくて、早速サントラゲットしようと思います。あんまり良かったもので、何から書いていいか、わかんないです…

ええっと、まずジェニファー・ハドソンですね。彼女のパワフルな声は本当にすごかった。私は、ブラックミュージックがたいへん好きなのですが、実はあんまりにも歌唱力まるだしのボーカリストは、実は好きではないんです。その典型がホイットニー・ヒューストン。歌い上げるほどに「もうあんたが歌うまいの、わかったよ」なんて気持ちになって冷めちゃうんです。ところが、なぜかジェニファー・ハドソンの場合は、そういう気持ちにならなかったなあ。おそらくエフィという人物が自分の歌に絶対の自信を持っていて、歌わずには生きていけない、そういうキャラ設定があったからだと思います。カーティスに向けて歌うあの歌は、凄まじかった。未だに「LOVE ME!」というあの歌声が耳から離れません。

それから、ビヨンセ。ソウル大好きなんですけど、最近のR&Bは聞かないの。だって、どれもおんなじなんだもん。ってことで、ビヨンセの歌は始めて聴いたわけだけど、とりわけ「Listen」はとっても良かった。それに、リードボーカルを任されたその瞬間から輝き始めるその様は、さすがスター!のオーラが出まくっててもう目が釘付け。あと、ファッションね。どれもこれも本当にステキだった!まさに「ディーバ」の輝き!この衣装はエフィには着られないよな…ってものばっかりでしたが(笑)。
10kgも体重を落としたという努力がしっかり報われてました。で、なぜ、彼女はアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされなかったの!?

エディ・マーフィもこんなに歌がうまいんだ、とビックリ。私は「リトル・ミス・サンシャイン」も見たけど、私ならエディ・マーフィにオスカーをあげます。つーか、作品賞もノミネートされてないんだよね?なぜ、なぜ、どうしてなの!?とアカデミー気分もすっかり終わったこの時期にほざく私。

ジェイミー・フォックスは、「Ray」を先日見ていたので、音楽の才能は充分承知の上で見たんですが、非常に損な役回りでしたね。物語を盛り上げるために、ヒールになっちゃったみたいで。ただ、全体を見渡してみて、この作品の本当の主役は彼だったんじゃないか、と感じるほどのすばらしい演技でした。彼が先見の明があったのは紛れもない事実で、みんなスターになれたのは彼のおかげなのにね。富を得るごとに道を踏み外してしまったのなら、彼の周りの人たちがそれを彼にもっと早く教えてあげるべきだったのに…

なーんて、物語のあれこれを何だかんだつつくのは、この作品には無意味!すばらしい音楽の洪水にただ身を委ねて、聞き惚れて、泣きましょう!
もう1回見に行きたい!
[PR]
by galarina | 2007-03-14 20:21 | 映画(た行)