「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アカデミー賞発表

作品賞/「ディパーテッド」
監督賞/マーティン・スコセッシ
主演女優賞/ヘレン・ミレン「クイーン」
主演男優賞/フォレスト・ウィテカー「ラストキング・オブ・スコットランド」
助演女優賞/ジェニファー・ハドソン「ドリーム・ガールズ」
助演男優賞/アラン・アーキン「リトル・ミス・サンシャイン」


作品賞の「ディパーテッド」には驚きましたねえ。何とか、マーティン・スコセッシにオスカーを、という気持ちはわかります。なので監督賞はしょうがないか、と。
でも、作品賞受賞の「ディパーテッド」は何と言ってもリメイク作品。オリジナルではないわけです。それで、作品賞とはちょっと驚いてしまいました。
スコセッシ自身も「この映画はとりたくなかった」なんて言ってましたもんねえ。心境は複雑なのかな。
私は「インファナル・アフェア」という作品が好きなので、「ディパーテッド」は見ていません。でも、こうなると見てみたい気もしてきました。

菊池凛子は「バベル」のもう一人の出演者がノミネートされているのが痛かったですねえ。「ドリーム・ガールズ」はこれから見に行く予定ですが、ジェニファー・ハドソンの歌唱力はみなさん絶賛です。ただ、歌が上手いのと演技力は別物ですよね。これまで助演女優賞と言うと、存在感のあるバイプレーヤーが受賞するものという印象が強いだけに、ジェニファー・ハドソンも私の中では今いち納得できてないなあ。まあ、見に行ったら考え変わるかも?

助演男優賞は「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキン。エディ・マーフィの下馬評が高かっただけにこれも意外な選考。ただ、助演男優賞をエディ・マーフィが取っちゃうと、主演も助演も黒人俳優になってしまう。それを避けるために、エディは落選したのかな?なんてうがった見方もしたりして…。

授賞式の楽しさは、何と言ってもファッションチェック!まだ、ちゃんと見てないんですけど、フォレスト・ウィテカーの奥さんがすっごいキレイでした。菊池凛子の黒のキラキラしたドレスもまさに凛としたイメージで良かったかな。ファッションチェックは、またゆっくり見ることにします。
[PR]
by galarina | 2007-02-26 18:05 | 映画雑感