「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

硫黄島からの手紙

2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド
<京都MOVIXにて観賞>

私が今生きているのは、彼らのおかげかも知れないと思うこと。
想像すること。思いを馳せること。
c0076382_10534338.jpg


日本人キャストで、日本語で、日本を舞台にした、日本の戦争の物語。それをアメリカ人監督がここまで真摯に撮りきったことに対して素直に感嘆する。アメリカ的正義の押しつけは、ここには微塵もない。硫黄島で亡くなった方たちへの鎮魂。そして硫黄島で日本人は何を考え、どう戦ったのか。それを「アメリカ人の監督に気づかせてもらう」なんて日本人として恥ずかしいと言うむきもあるようだが、私はそれを恥じることは全くないと思う。自分で気付きたくても、気づけなかった、それが紛れもない今の日本の現実だということだ。それに気づかせてもらったんだから、素直に受け止めればいいのだ。

「日本には本土決戦がなかった」ことや「日本はこれまでの本土を他の民族に直接侵略された歴史が極めて少ない民族」であることが、日本人のメンタリティの弱さの大きな原因の一つではないか、と作家の村上龍氏がよく言ってる。確かにそうだろう。しかし、その前に硫黄島の彼らのような「国にいる家族を守るため」に「国の外」で戦った者がいたのだ、と深く胸に刻むことも、とても大事だ。今、私がここに生きていることも、彼らの犠牲の上にあるのだ、と想像すること。

「父親たちの星条旗」は静かな映画とはいえ、そこには当時のアメリカの国家のやり方を「告発する」というドラマチックな物語性を持っていた(もちろん演出はドラマチックでは全くないのだが)。ところがこの「硫黄島からの手紙」は、ストーリーとしてのドラマ的起伏がさらに排除されている。

例えば、この映画の根幹をなす栗林中将の作戦。水際の戦いを捨てこれまでの戦法とは全く異なる地下壕を作る。確かに上層部と対立する場面は出てくる。しかし、描き方としては実にあっさりとしたものだ。栗林VS上層部という構図はセリフではあっても、演出としてオーバーに描くことは一切ない。言い争うシーンもないし、かと言ってこの作戦は正しかったと強調するシーンもない。部下との関係もことさら慕われている、という描き方も全くしない。

前作で訴えていた「ヒーローはいない」というポリシーが今作にもつらぬかれているのであろう。演出で栗林を英雄と称えることはせず、彼という人間の懐の広さを映画全体を通じて観客が想像するようにし向けている。映画を見ている間に「何もかもわかったような気分にさせること」をクリント・イーストウッドはさせないのだ。

西郷を演じる二宮和也は、彼のナイーブさがよく出ていてとても良かった。「君は立派な軍人だ」と言う渡辺謙に「いえ、私はただのパン屋です」という場面が非常に印象的。渡辺謙は、文句なしでしょう。軍人らしくないしゃべり方、時折見せるお茶目な仕草、手紙を書いている時の姿勢や目線、人間栗林を演じていました。

ラスト、栗林中将が「君たちの魂は本土で多くの人々に鎮魂されるであろう」と言って、突入するシーンは、胸を鷲づかみにされた。その栗林中将のセリフは、我々日本人みんなに問いかけている。君たちは我々を忘れてしまったのか、と。


最後に。戦争を2つの視点で描くというその手法。極めてシンプルな発想でありながら、誰もなし得なかった戦争映画を撮ったクリント・イーストウッドの映画人としての力量には感嘆する。戦争映画が持つヒロイズムや政治色を排除し、視点は違えども、同じメッセージを両作品が強烈に放っている。何度も言うが、76歳。すごい爺様である。
[PR]
by galarina | 2006-12-18 11:50 | 映画(あ行)