「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

OUT

2002年/日本 監督/平山秀幸

c0076382_13203944.jpg

桐野夏生の作品は、非常にダークだ。勧善懲悪ではない、妙にねじれた視点が紡ぎ出す世界がやけにオヤジ的で、独特の雰囲気がある。原作OUTでも、主人公の雅子と佐竹は追う者追われる者という関係を超えて、奇妙な性的倒錯で結ばれていく。この二人のメンタリティは一般人にはおそらく受け入れがたいもので、そのためなぜこの作品がこんなにも売れ、ドラマ化、映画化と大衆の前に晒されたのか、私はかなり不思議に思っている。

というわけで、映画を見たら、雅子と佐竹の関係は原作とはずいぶん違うものになっていた。原作を映画化する場合、何を変えて何を変えないかというのは、原作ファンも巻き込み問題になることが多いが、今作の場合この改変に異論はない。先述のような関係性を観客に理解させることは至難の技だし、エンタメムービーには成り得ない。

と、いうわけでOUTしたい主婦4人のクライムムービーとして、そこそこ面白い作品になっている。ただ、この「そこそこ」感が原作がもつ強烈なイメージとはあまりにかけ離れていて、少々物足りない。雅子と佐竹の関係性を省いてもなお、雅子の孤独を描ききることはできたはず。そもそも、弥生のダンナの死体をなぜ雅子がバラバラにしようと思ったのか、その雅子の追い詰められ感が映画では伝わってこない。ラストシーンで弥生が「なぜここまで付き合ってくれたの?」と問い、雅子が「あなたに巻き込まれたの。ドキドキして楽しかったわ」と返すシーンがあるが、これでも弱いんだなあ。

雅子を演じる原田三枝子にやさぐれ感がないのが一つの原因だろうか。その点、師匠を演じる倍賞美津子の方が閉塞感は出ていたな。寝たきりの婆さんの介護シーンも生々しかったし(千石規子の婆さんはいつ見ても憎たらしい)、毎日10円ずつ貯金する、なんてエピソードも師匠の人となりを表してた。ブランドものばっか買ってカード地獄に陥って、死体処理にまさに巻き込まれてしまった室井滋もなかなかハマってた。

やはりリーダーである雅子という人物の描き方が足りない。そこが全てのポイントだろう。原田三枝子はこざっぱりし過ぎている。雅子という女は、みかけは普通の主婦だが、内に秘めているものはもっとドロドロしている、複雑なキャラクターだ。最初の死体処理をすることで彼女の内にあるものが吹っ切れて、どんどん変わっていくはず。その心理描写がもっとあれば、観客も雅子に共感できたんではないだろうか。
[PR]
by galarina | 2006-12-14 13:32 | 映画(あ行)