「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポネット

1996年/フランス 監督/ジャック・ドワイヨン

「フランスの子供たちってまったく」
c0076382_1112795.jpg

事故で亡くなってしまった母親を、ひとり待ち続ける少女ポネット。そんな彼女を見た周囲の大人達は、彼女に死の意味を教えるが、ポネットは逆に自分の世界に閉じこもってしまい…。

主演はヴィクトワール・ティヴィソル。たった4歳で、この憂いの表情。ヴェネチア映画祭最優秀主演女優賞も納得です。母の死を乗り越えられない哀しさ、そして庇護してくれるものを失ったことによる不安を見事に表現しています。やたらとセリフ回しのうまい子役は鼻について嫌いですけども、この子は「目」で演技してる。しかも、すごくナチュラルで驚きです。

さて、母が亡くなったことを理解させようと周りの大人たちはポネットにいろいろと話をする。その根っこにあるのは、キリスト教的死生観。フランス映画ということもあり、その諭し方にはことごとくキリスト教の教えがベースにある。「死」を語る時、こんなにも人は宗教をよりどころにするものなんだろうか。じゃあ、信仰の薄い人はどうなるんだろうって、ちょっと考えてしまった。

私ならお星様になったとか言うんだろうか。それとも、仏教の教えを持ち出して輪廻の話でもする?ただ、4歳の女の子に周りの大人は、非常にまじめに向き合ってる。そういうところは、えらいなあと感心してしまう。そういうこと、子供だと思って適当に流しちゃう大人ってたくさんいるもの。「神様」のことを子供たちも日常会話のように話していて、日本との文化的差異を大いに感じます。

それから、沈んでるポネットを慰めようと周りの男の子が、キスしたりするんだけども。んまあ~、これが実に堂に入ってる。4歳でこれかよ!とほとほと感心致しました。抱きしめたり、チューしたりしまくりで。これが日本の保育園なら、親怒鳴り込みだね(笑)。これまた、日本との文化的差異を大いに感じたのでございます。

お母さんに会いたい一心のポネットちゃんに最後に奇跡が訪れる。このラストも良かったです。切なくて切なくて、魂までどっかにいっちゃいそうな彼女がどうしたら元に戻れるんだろうって考えたら、これしかないですもん。うまくまとめすぎ、なんて意見もあるみたいだけど、そうかな。私は非常に納得でしたよ。

ヴィクトワール・ティヴィソルちゃん、いったいこの先どんな女優になるのやらと思っていたら、「ショコラ」で発見。親の都合で旅を続けなければならない悲しさを好演していました。やはり、この子は元が泣き顔だからか、切ない表情がいいんですねえ。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-09-20 00:40 | 映画(は行)