「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

誰も知らない

2004年/日本 監督/是枝裕和

c0076382_20491127.jpg

柳楽優弥くんがカンヌ映画祭で史上最年少の主演男優賞を獲得したことで話題になった作品。もうすぐ「シュガー&スパイス」が公開。キスシーンもあるとかで、大人になった柳楽くんが見られるんだろうか。

さて、この作品。実話をモチーフにしているが、是枝監督のドキュメンタリー風の独特のタッチが、さらに実話らしさを引き出している。特に兄弟同士の自然な会話。監督は撮影が入る前から彼らと過ごしていたようで、非常にリラックスした表情で演技している。いや、演技している、というよりも本当の兄弟同士の会話をのぞき見しているような気になる。

是枝流の自然な演出というのは、時には棒読みの素人臭い演技に見える。それでも、映画として非常に面白い作品に仕上がるから、一体俳優の演技力とは何だろう、と考えさせられる。例えば、北野武にしても、本人からして棒読み演技で周りを固めるのがたけし軍団、それでも面白いんだから、やはりそれは監督の腕なんだろう。

それにしても不思議な物で、演技していないように見える演技に対して、観客は最初にとまどいを覚え、距離感を感じる。それは日頃「演技してます!」的演出に我々がどっぷりつかっていることによる違和感が引き起こすのだろう。皮肉なもんである。ただ、物語が進むにつれてその違和感もなくなり、我々はこの4人の兄弟たちが何とか無事にがんばってくれと祈り始める。しかし、ただひとりその違和感がさっぱり消えず、のどに詰まった魚の骨みたいに気持ち悪さがずっと残る人がいる。YOUである。

私はこの気持ち悪さが気になってしょうがなかった。YOUはYOUのままあそこにいる。見方によってはあれを自然な演技というのだろうか?しかし、私はYOUを見ていて「キムタクは何をやってもキムタク」と同じものを感じてしょうがなかった。

ポスターともなった柳楽優弥のこの写真は、本当にすばらしい。彼はこの映画を通じてほんとに大人になったんだろうな。この表情にはエロスがあるもの。かっこいい、とか、かわいいなんてチンケなもんで、俳優の真価はエロスにありと思っているので、この表情には子供と言えども惹きつけられる。

物語はとても哀しいストーリーで、子供たちだけで暮らしていることを周りの大人は誰も気づかない。でも、この映画はそれを社会が悪いと糾弾するのではなく、彼らの成長物語として提示している。そこには、ささやかな幸せすら漂う。子供は自分の環境を客観的に見ることなどできるはずもなく、ましてや誰かにその境遇を説明することもない。子供は与えらた場所でただ生きるだけだ。その姿がかえって我々に多くのことを訴えかける。大人の傲慢や怠惰を浮き彫りにするのだ。

人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-09-11 09:21 | 映画(た行)