「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ふたりの5つの分かれ路

2004年/フランス 監督/フランソワ・オゾン

「いじわるなオゾン」
c0076382_18184827.jpg

離婚調停を行う夫婦、マリオンとジル。そこから時間軸をさかのぼり、「別れ」「或るパーティの夜」「出産」「結婚」「出会い」と夫婦の5つの分岐点を描くストーリー。

いじわるだなあと言うのは、まず「別れ」がありきってこと。最初にこのふたりは別れるんですよ、と宣言しておいて、ラストに初々しく美しい出会いの場面を持ってくるんだから、何とまあ、オゾンって奴は皮肉屋さんなの。しかもね、それぞれの5つのシーンには、男と女の裏切り、嫉妬、猜疑心ってやつがちらほら顔を覗かせる。

ただね、裏切りって言っても「何かわかるな~」って感じのちょっとした裏切りで。でも結局その裏切りが随所に出てくると結局「男と女なんて信用できない」という結論に達するでしょ。そのへん、やっぱりゲイであるオゾン一流の皮肉なのかな、という気がする。

例えば、結婚式の夜、夫は酔っぱらって寝てしまったため、散歩に出かけた妻はゆきずりの男と関係してしまう。出産のシーンでは、自分が父親になったことに対応できなくて夫は妻の傍にいることができない。それらの裏切り行為は、「結婚という形式が拘束するもの」や「家族を作らねばならない」という常識から来る不安が原因で生ずる。結婚という枠の中での男と女の関係ってのは、こんなにもつまんないものですよ、と説得させられたような気分だ(笑)。

5つのそれぞれのエピソードは、それぞれが短編映画のような完成度の高さで、映像もとても美しい。全てにおいてセックスがポイントになっているのは、いつものオゾン流。まあ、どーっつことないちゃあ、どーっつことない物語なんだけど、ここまで見せられるのは、さすがオゾンといった感じ。裏になったり、表になったり、不安定な人間の心理描写を巧みに表現している。だから、どーっつことないんだけど、引き込まれるんだよね。

邦題は「分かれ路」となってるけど、原題は「5×2」。邦題で感じる、あの時こうしていればというニュアンスは映画にはない。あくまでも5つの場面。遡るに従い、妻も夫も生き生きとした表情になる。冒頭、やり直そうとせまるジルを尻目にバタンとドアを閉じる妻のマリオンの冷たい表情と、ラストシーン夕焼けの浜辺でジルを海に誘うマリオンの晴れやかな笑顔は、まるで同じ人とは思えない。結婚って、そんなに人をやつれさすもんですかねえ、オゾンさん。


人気blogランキングへ
ブログ村 映画ブログ
[PR]
by galarina | 2006-09-08 18:25 | 映画(は行)