「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ごめん

2002年/日本 監督/富樫森

こういう邦画、好きだなあ。
c0076382_23463854.jpg

小学6年生の男の子が、中学2年生の女の子に恋をする。この年の差がすごい絶妙。中学生の女の子からしたら、小6なんてガキやで、ハナタレ坊主やで。そこを主人公のセイ君は、ちょっと早い性の目覚めの勢いも手伝って、イケイケなんだわ。ギャップを埋めていくんだな、ちゃんと。うん、この子すごい好感持てる。だんだん、このカップルもアリなんじゃないか、と思ってきたもん。

私は、関西人なもんで、正直「関西弁」の映画にはうるさい。関西人が出演していても、映画になるととってつけたような関西弁に聞こえる。でも、このセイ君がしゃべる関西弁がいいんだ。何がいいかというと、「好きな女の子でありながら、年上なので、敬語まじりになる」。この辺がリアルなんだわ。

最後に剣道着を着て、大阪から京都まで愛しい女のところへチャリで疾走するセイ君は、しっかり男してます。顔つきも精悍になって、おお進歩したのぉって感じ。「好きだ」という気持ちに素直になるってことは、なんとすがすがしいことなのだろう。最後には、つくづくそう感じさせられた。どうせ、子供の話やろ、と思って見てたら、しっぺ返しくらいましたよ。ごめん。

人気blogランキングへ
[PR]
by galarina | 2006-07-23 18:04 | 映画(か行)