「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アメリ

2001年/フランス 監督/ジャン・ピエール・ジュネ 

「キテレツとオシャレが合体」
c0076382_23392365.jpg

日本でも大ヒットしたけど、この映画を「オシャレ」な映画として紹介するのは何か違う。だって、この映画はたいへん奇妙な人々とエピソードにあふれているから。主人公がカフェで働いていて、ちょっとひねりの効いたラブストーリー展開を「オシャレ」だと言うのならば、それは映画会社の宣伝文句に踊らされているだけなので、実に悲しい。

きっと、こういう作品をどう褒めればいいのか、フィットする言葉が見つからなかったんだと思う。ただ「オシャレ」という、言い方でまとめあげてしまうには、あまりにも毒が多い。これは、どっちかというと「キモカワイイ」が合うんじゃないの。

大体アメリが好きになる男は、駅にあるスピード写真のBOXで失敗して細かくちぎられた写真をゴミ箱から集めてはパズルのように元に戻して写真集にストックしている、という趣味の持ち主。そんなヤツ、好きになるか、フツー…。まあ、変人やね。
アメリがしかけるいたずらもいちいちひねりが効いていて、相当笑わせてくれる。また、カフェの客やアパートの住人など、アメリを取り巻く人々はもちろん、ほんのちょっとしか出てこない登場人物にもしっかりとユニークなエピソードが与えられている。しかも、それが「だから、どうした!」的くだらなさ満載(笑)。

全編に渡るこの「ひねり」が、ちょっとどぎつくて、少々変質的。がそれも、これも、みんなの幸せのため、という大前提があるから許される。もちろん、それはオドレイ・トトゥ演じるアメリが実にキュートな女性であるからというところも大きい。ホントにかわいいもんね、あんなヘアスタイル似合う人、なかなかいないよ。よく考えるとすごく変なんだけど、その変さ加減がどうでもよくなってくるほど、観ていて実にハッピーな気分になる。変質的なのに、幸せ気分という、この絶妙の融合がたまらない快感を呼び寄せてくれる映画。

人気blogランキングへ
[PR]
by galarina | 2006-07-11 23:30 | 映画(あ行)