「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーバレラ

1967年/仏・伊・米 監督/ロジェ・ヴァディム
c0076382_14144252.jpg

全編みなぎる、ゆるゆるモード。冒頭のジェーン・フォンダが宇宙服を脱ぎ捨てるシーンがあまりにもカッコ良すぎて、後半観てるのつらかった。でも、このストリップシーンだけでも観る価値あると思う。無重力でふわふわ浮かんでるジェーン・フォンダが、いちま~い、にま~いと宇宙服を捨てていくんだけど、まあ美しいこと。そのナイスバディに女のアタシもうっとりしちまったよ。
ここ、何回も巻き戻して観た。

まあ、その後はおバカシーンの連続で、セックス拷問マシーンやら、人形責めやらB級通り越してもはやC級…。しかし、こんな映画を撮ったロジェ・ヴァディムはスゴイ。しかも、自分のスィート・ハートを主演にして、こんなの撮っちまう懐の深さに脱帽。

未来人間は、肉体的なセックスをしないで、薬を飲んで手と手を合わせる。そうすると、エクスタシーがやってきて、髪の毛がぶるんぶるんとふるえだして、しまいにゃ髪の毛爆発状態って、まじドリフコント?的シーンの連発。しかも、シーンつながっていようが、何だろうが、ジェーン・フォンダの衣装がコロコロ変わる。いいの、いいの、かわいい洋服いっぱい着せちゃうのって、まるでバービー人形遊び。でも、またこの衣装がキッチュでかわいいの。

それにしてもロジェ・ヴァディムが付き合った女優って、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーブ、ジェーン・フォンダ、って何それ?一体どんな男だったのか、そっちにも興味あるなあ。

人気blogランキングへ
[PR]
by galarina | 2006-07-23 18:05 | 映画(は行)