「カーサ・ガラリーナ」にお引っ越ししました


by galarina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

パッチギ!

2004年/日本 監督/井筒和幸 
c0076382_1557305.jpg

康介は、良くも悪くも人のいい日本人の象徴。一目惚れした朝鮮学校の女の子に猛アタック。そこには民族の壁も、両国の歴史も関係ない。というか、知らないし、考えてない。彼について「無知をいいことに勝手に行動しているバカ男」と考えるか、「無知だけど相手を知りたいと思う気持ちは人一倍なピュア男」と考えるか、その捉え方によってずいぶんこの映画の感想は変わってくるんだろう。

もちろん、無知な康介は、手痛いしっぺ返しをくらう。朝鮮人の友人の葬式中「何も知らん、日本人のおまえには、いて欲しくない」と親戚のおじさんに言われ、帰される。それでも彼は日本で流すことを禁止されている「イムジン河」を生放送で熱唱し、自分の思いを伝える。朝鮮高校と東校の学生たちが鴨川で繰り広げる壮絶な喧嘩のシーンをバックに、ここは劇中最も盛り上がる場面。でも、私の頭の中には「それでも日本人のおまえにはイムジン河を歌って欲しくない、と思っている朝鮮の人たちだっているんじゃないのか」という冷めた考えが頭をよぎってしまう。

でも一方、康介ほどの行動力、相手を知ろうという熱意が自分にないこともまた、痛感させられる。康介というひとりの若者を通して、自分の朝鮮や朝鮮の人々に対する思いやスタンスを改めて認識させられる、それがこの映画のいいところなんだろう。だから、この映画を観終わって、なんだよ、康介なんてただのバカ男じゃないか、と感じたっていいのだ。じゃあ、自分はどうなんだ、と振り返って考えてみる。それが大事なのだ、と。相手のことを何も知らないからといって、なかなか一歩を踏み出せずぐずぐずしている人間と、康介はあまりに対照的だ。

できれば、康介の「イムジン河」への思いがもう少し伝わってくればなあ、というのが率直な思い。なぜ、彼はあれほどまでに「イムジン河」という曲に魅せられたのか。好きな彼女が演奏していた、ただそれだけではないはず。グループサウンズ全盛のこの頃、隣国の哀しい調べに心を奪われ、どうしても弾けるようになりたい、と彼を駆り立てたものは何だったのか。そこんところ、もう少し突っ込んでくれたら、もっと康介に共感できただろうに。

人気blogランキングへ
[PR]
by galarina | 2006-07-13 17:25 | 映画(は行)